ちゅん平のブログが閉鎖された件


展覧会の案内に使う予定の作品です。前にアップした大作は間に合いそうもないので、こちらを使用。この絵はもう少しで完成です。

今日の記事のタイトルは、あえて昨日あ@花さんがブログアップしたお題と同じにいたしました。

アスペルガー症候群の作家・藤家寛子さんことちゅん平が、カレーやコーヒーの匂いも受け付けないほどひどい氏心身虚弱状態だったのが、見事立ち直り、自立して仕事をするようになったのは、ご存知の通り。
(8月はどうやってその状態を克服したか、横浜で講演を行いました。明日また広島にて講演会を開催します)。

そんな彼女の日々をつづったブログ、楽しみにしていた人も多かったというのに・・・こちら内容が重なりますが、あ@花さんのブログのコピペです。
合わせてお読みください。

心身虚弱から見事に立ち直り、働く社会人となったちゅん平。

そのちゅん平が最近開いてくれたブログ。
更新を楽しみにしていたのに、閉鎖の運びとなりました。

当事者からの攻撃によって。

そう。
その彼女のブログが同じ障害を持つ人たちの妨害によって、閉鎖のはこびとなってしまったのですね。

あ@花さんの言う当事者というのが、具体的にどんな人たちなのか、わたしは付き合いないのわかりませんが、どういうつもりで懸命に行きてる同じ障害者のジャマをするんでしょう。

立派に立ち直ったちゅん平が妬ましい?

努力しようとしていても、できない障害者だっているんだから、キラキラしてるところ見せるなというのでしょうか?

それにしてもどういう妨害をしたのか知りませんが、卑劣きわまり行為には怒りを覚えます。
これは断じて障害者だから、障害者の家族だからといって許されるものではありません。

ここにあ@花さんが、わたしの米にレスした一文を掲載します。

これを読んでいただければ、妨害を企てる人たちがどんな人たちだかご理解できるでしょう。

画伯ならおわかりいただけると思うのですが自慢の夫はこの話を聞いて「ちゅん平にそんなもので閉じるなって言え」と言いましたが、鳩派のわたくしが「いや、ちゅん平に戦えというのはかわいそうだ。仕事だってあるんだし」と言いました。
猿烏賊たちが大地君や神田橋先生の本が気にいらず、ないことないこと振りまいたとき、すでに名誉毀損を民事でも刑事でも訴えていた私は訴訟を匂わせた。彼らが書いていたのは批判ではなくウソだったから。本当だと思ったら訴訟くらい受けて立てばいい。ところが彼らは言論弾圧だと騒ぎました。訴訟は正当な行為です。どこが弾圧なのよ?
ところがね、宮本晋ことベムは自分のメールを任意で提出したセンターを訴えると息巻いたのよん。つまり、自分が訴えられるのは脅しでも自分が訴えるのは正当なことらしい。
これはつまり障害無罪ですね、はい。障害者の関係者は身分が高いんでしょ。だったらとっとと改憲しろよって感じ。

まさに障害無罪。

中韓で「愛国無罪」「反日無罪」をプラカードに暴れ回ってる無頼漢と何ら変わりません。

こうしたことが世間に認知されていくと、逆に障害者に対する偏見を助長する結果にもなりかねません。

障害を克服して仕事を得たとはいえ、ちゅん平はまだまだ体力が十分というわけではありません。

あ@花さん自慢の夫が言うように「戦う」というのは、体力の余計な消耗になりましょうし、あの人たちの陰湿で自分勝手な様子を聞くかぎり、障害のない人間でも戦うには相当な意思力が必要でしょう。

(超人自慢の夫と同じワケにはいかんよね〜。まあ、だからと言って、あ@花さんが鳩派と言うのは・・(以下略))。

微力ながら、ちゅん平のブログを閉鎖させる暴力には、こうしてブログやツイッターを通じて抗議していくつもりです(その点、Facebookはまるで役に立たん)。

できれば、みなさま。
拡散を希望します。

本文に関係ない、先日のマリナ・リナルディ展示。絵から抜け出たようなベンチュラ・ディレクター はオレンジのお召し物にご満悦♪

ちゅん平のブログが閉鎖された件” への4件のコメント

  1. こんにちわ。

    >まさに障害無罪。

    >中韓で「愛国無罪」「反日無罪」をプラカードに暴れ回ってる無頼漢と何ら変わりません。

    まさにこの類ですね。
    足を引っ張って、自分より下に落として、
    自分が上に成ったと思い上がっているんでしょうね。
    本当の頂にはちっとも近づいていないのに。
    それで本当にいい気持ちなのか?
    自分を偽って生きて、死ぬとき一生をどう思うんだ?
    身障者も健常者も、考えれば分かるだろうに。

  2. お頭さん、おはようございます!

    機会がありましたら、
    花風社の新刊「自閉症の犯罪を防ぐための提言」をお読みください。
    (あさみさんの著作です)。

    障害無罪という不思議なものがどんなものか、わかると思います。

    障害だけの話でなく、同和や在日などの差別問題にも関する話で、
    お頭さんにとっても無関心なことでないと思いますので。

    ちゅうか、わたしもまだ途中までなんですが・・・

    週明けにでもブログアップする予定です。

  3. 小さな世界でちいちいぱっぱ馴れ合ってあの猪豚社長とロンパリブスにへつらってな!

  4. うわー、これはひどいコメントですね。
    書いた方の知性と品性を疑わざるを得ませんね。何と恥知らずな!

    削除は簡単ですが、あえて晒しものにいたしましょう。

    このコメントを読んだ、一般の読者さんがどう思うか。ハンドルネームがそのままブーメランになって返ってくること請け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>