痛風祭り・・・はじまりました♪


いっちゃんパパの流木タコ。
流木を好きな人に悪い人はいないそうですが、変な人は多いようで・・・。 

昨日、思い切って痛風カミングアウトをしましたところ、拙ブログの米欄もそうですが、ツイッターからFacebookまでさまざまなハゲましと、突っ込みをいただきまして、ありがたく拝聴しているところです。

完全にネタの痛風記事ですが、あ@花さんからは早速こんなお見舞いツイートが・・・。

「おすそ分け。つ」

うおおおおお!
こ、これはわたしの親友であり、痛風の天敵の写真じゃありませんか!

あ@花 「そろそろ枝豆も安くなってくるかしら。ビールが美味しいわね」 

モコ「ビールは年中美味しいですが、冷や奴とか枝豆とか唐揚げにビールは最高ですね! ギネス飲みたいです♪ 」

あ@花「大人はビールを飲むために一日頑張るんだよね!
今日のツマミは塩うに!」

モコ「塩・う・に!」

あ@花「ミルダケダイジョブ」

モコ「イタクナイヨ」

うぬぬぬ! インド人じゃあるまいし、あ@花さんとモコさんの血も涙もないツイートです。中学生1年くらいでしたでしょうか。今の赤坂通りのすき家あたりにあった写真館に飾れていた写真が昨日送られてきました。さて、わたしはどれでしょう? なに、”劣化”してしまい、だ”れっか”わからないですと〜・・・なんて、ウフッ♪ 

ブログの米欄は、本人管理なので比較的まともなコメントというか、お見舞いが多いのですが、ツイッターとFacebookは言いたい放題。

特にFacebookは本名公開のはずなんですが、エンリョない米が満載です。いえ、中には本気でお見舞いの米をしてるんだけど、結果的にシャレになってしまってるものも多いようですな〜♪

「暴飲暴食ですね」

「なんと心に痛い画像が並ぶことw!」(ふろむ痛風経験者)

「在学中交流のあった、グラデのM氏。先日ネットサーフィンでお亡くなりになってたことを知り驚きました。小暮さん同様ご活躍が見えていたので、残念。体には気を付けてくださいね」

「ついに出ましたか。実は僕も尿酸値が高い」

「年寄り恒例の病気自慢か?
 50過ぎると皆ポンコツ街道まっしぐらだのぉ」

「いやいや小暮さん、お大事に。同じくポンコツ50代、わたしは心を病んでますよ・・。フフフっ」

「おかげさまでジムのプールに何とか通えるようになりました。1時間ウオーキングで、今晩はニラの卵とじとハンペン、みそ汁に黒米入りの麦飯。もちろんお茶で」

「小暮さんがおやじ食か〜・・考え深いものがあるなぁ。いや、冗談じゃなく!」

「 今,痛風はお薬で大分コントロールできる時代ですが・・・。お大事にね。画伯。ナデナデ。♪」

「ナデるな、痛い!」

「では,ちゅっちゅっ。♥ で・・・やっぱり,ナデナデ。♪(^0^;)」

「はがががが! 痛いちゅうとるにい♪」

「(@o@)おぉ~っ!! おやじギャグ・・・ おやじ食・・・・・漫才まで・・・・・
おやじ街道、ダントツまっしぐらじゃのぉ~」

「皆様からの痛風への攻撃(ビール&プリン体ネタ)激しいですね(^_^)」

うむむ、確かに!
けっこうなんだかんだと、みなさまの元気なコメント。痛み入り(文字通り)嬉しく存じます! ダジャレと違って、スルーされないのが幸せかも♪

今後も過激なハゲまし、期待いたしますので、どうぞご遠慮なく寄ってたかってプリン体攻撃をば。

・・・あああ、やっぱりイタタタタタタタタタタタ!
痛い言うとるのに、止めといてんか〜♪

こちら、痛風には「なまけ蛙くん」です♪
イタクナイヨ〜!

痛風祭り・・・はじまりました♪” への8件のコメント

  1. 小暮さん〜。中学のときと全然変わらないじゃあないですか!
    びっくり。』可愛いですねえ〜〜。

  2. ところで、痛風って水分補給が大事なのですか?
    実はうちの旦那も痛風のようでして。よろしければ教えてください。

  3. 画伯今晩は!
    また父がお邪魔して…じゃなく、父のタコがお邪魔しておりますm(. .)m

    画伯のお顔存じ上げませんが、向かって右側の少年です!ねっ!!
    目線とか、いたずらっぽい笑顔とか間違いないのではないかと。
    そんで「なまけ蛙くん」にそっくりです(笑)

    画伯、浴びるほど飲みたいですよね~~今は、下戸な私と一緒ですね、ふふふ( ̄▽ ̄)

  4. 一番上、○ギさん、ですか~。変わらないなあ。
    左は私の知らない人?

    と、とめどなく溢れる疑問の数々。

    夫曰く「けっこうな美少年だったんだなあ」

    だそうでございます。

  5. ゆきさん、おはようございます!

    >中学のときと全然変わらないじゃあないですか!

    ゆきさん、ウソついてますね。
    中学の時と全然変わらないワケないでしょ。

    >実はうちの旦那も痛風のようでして。よろしければ教えてください。

    痛風のようでして、ですか?
    うーん。

    痛風は文字通り、激しく痛いですからね。
    さほどでもないという症状はマレにあるようですが、片側の親指付け根か、くるぶしあたりが腫れ上がるハッキリした症状があります。
    ガマンできる痛みではないので、まず痛風かどうか確かめることが先決でしょうね〜。

    水分補給というか、ひとたび症状が出たら水を飲んでおさまるまでじっとガマンしかないそうです。
    わたしもまだ痛風の薬は飲んでません。痛みがひいてからでないと意味ないそうなんで。

    まずは医師の診断を受けることをオススメします。
    お大事に〜!

  6. いっちゃん、おはようございます!

    >画伯のお顔存じ上げませんが、向かって右側の少年です!ねっ!!

    びんごです!
    自分の顔は自分では見えませんが、中学生の分際で今からダジャレを言うぞという顔をしてますな。

    この頃はまだダジャレを言うこともなく、下らない冗談を言う大人をケーベツしてましたが(遠い目)・・・自分がそうなってしまいました。
    なんか肝油の子供みたいです。

    時代がわかるな。

  7. すぎさん、スミマセン。

    スパム消してる間、間違えてコメント消してしまったようで・・・。

    痛風ブラザーズの兄貴分としてこれから、お世話になると思います。
    どーぞよろしく!

  8. かなこさん、おはようございます!

    びんごです。
    写真のうち2人が痛風。

    時代を感じますなあ。

    おお、そういえばご主人も痛風でしたっけ?
    みんなで広げよう、痛風の輪♪

    >夫曰く「けっこうな美少年だったんだなあ」

    うはは。今でもいけめんと呼んでください♪
    いけめんと言っちゃ、いけめんなあ・・・なんて、ウフッ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>