上野ハリマ・ケバブ&ビリヤニの夜のメニューがキケンすぎる♪

日曜日、花風社講演会のあとは饗宴に出席せず、前から決まっていた上野インド料理の名店、上野ハリマ・ケバブ&ビリヤニで義母と家内とでディナーを取りました。

ここは上野の美術館巡りをする前後、ランチは何度となく頂いていたのですが、夜のコースは初めて。ハラールのお店なのでアルコールは出ないと思っていましたが、何と飲み放題のメニューがあったのにびっくり!

▼14種類飲み放題3,585円、何じゃそりゃ?

最初は義母があまり飲めないので、アラカルトで行こうと言ってたのですが、これは14種類飲み放題3,585円で行くしかないと決断。

私は飲み物にインド産白ワインを頂きましたが、ここ数年でのインドワインの品質工場は目覚ましい!

家内が最初に頼んだのはカンパリ・ラッシー。むむむ、ななな何じゃそりゃ?

インド人の大好きなピンク。
ちょっと頂いたけど、文字通りカンパリとラッシー(笑) 。

ハラールのお店なので、お店の人は味見しないようですが、そこはご愛嬌。

▼最初にパパドに濃いめの野菜が乗っている前菜が来ました。なかなか美味。

▼あってもなくてもいい、インドにはない日本のインドサラダ♪
パニールやカッテージチーズではなく、お豆腐です。

▼さて、ここからが本番。 ナスのベグニとお豆のパコラ。インドの天ぷらですね。

▼カジキマグロのティッカ。タマリンドでしょうか、酸味が効いて絶品!

▼シシカバブ。最近はシーク・ケバブと呼ぶことが多く、お店の名前もケバブ&ビリヤニですが、お店の人はシシカバブと呼んでいました。
パンシロンでパンパンパン(若い人はわからんだろうなあ♪)

▼タンドリーゴビ。ゴビとはカリフラワーのことですね。カリフラワーはブロッコリーの原種で、市場は完全に後者の勝ちですが、インド料理に関しては断然ゴビ!

▼お馴染みタンドリーチキンですが、これが最高の出来! タンドリーチキンはあれば良いというお店が多い中、ここのは絶品と言って良い仕上りです。

▼そしてお店の看板メニューでもある、チキンビリヤニ。ランチと同じ仕上がりで、これはもう安定の旨さです。

▼そしてこの店で初めていただくナンとパロタ。そして定番のバターチキン!

最近はインド料理店でナンを頂くことが少なくなったのですが、さすがに美味しい。
日本人好みのもっちりしたナンとパロタは濃厚なバターチキンによく合います。

▼そして、日本における人気インド料理、西の横綱がバターチキンだとすれば、こちらが東の横綱。ホウレンソウのカレーこと、パラク・パニール。ホウレンソウの時はパラク・パニールで、その他の青菜はサグ・パニールというそうです。

いや〜、上野ハリマ・ケバブ&ビリヤニ。夜のメニューがキケンすぎますね〜!

いや、全品どれも馬勝った〜牛負けた。
今度は銀座のお店にも行ってみようかな♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>