南インド料理・エリックサウス渋谷店は噂にたがわぬ名店でした!

先週の土曜、花風社講座の饗宴に欠席して、家内と向かった店が、今年渋谷にオープンしたエリックサウス・マサラダイナーです。

家内の職場の近くには、イートインのエリックサウス八重洲店があり、拙宅の近くにはクラス会でも使った エリックサウス紀尾井町店があって、わが家にとっては身近で美味しい南インド料理のお店です。

カレー細胞さんをはじめとする、さまざまなカレーブログがこの新店を推奨しており、私はランチにおジャマしていましたが、家内とは満を持しての訪問です。

いや、満を持してと言いながら台風が来てるから大丈夫だろうと、予約もせずに入ったところ、夕方6時半でありながらカウンターが2席空いてるのみ。
いや、空いてるだけ良かった!  エリックサウス・マサラダイナーの評判、おそるべしです。

まずは上の写真、マサラセットを注文し、カルフォルニアワインを飲みながら何を食べるか綿密に作戦会議。

カウンター席はランチで出されるミールスが注文できるのですが、今日はディナーでないと食べられないアラカルトに決定。

▼アラカルトの2番手にはゴービー65というカリフラワー料理を注文。

これはカリフラワーの酢豚みたいな料理で、上野のヴェジハーブ・サーガのものが有名なのですが、それに比べるとあっさり目の味付け。食欲が沸いてきます♪

▼三番手は迷った挙げ句、決めたのがニハリとロティのセット。

ニハリとはインド中南部ハイデラバード周辺、あるいはパキスタンででよく食べられるムスリム料理で、主に骨付き羊をスパイスと一緒によく煮込んだ料理です。

都内でしたらケバブ&ビリヤニのグループのものがスパイシーで美味しいですが、ここのニハリは日本人らしい優しいお味です♪ レモンを絞って頂くとなおさら美味しい。追いレモンが欲しくなるほどです。

▼どうせ羊を食べるなら、もいっちょう!……ということで注文したハイデラバード・ビリヤニ♡ インド料理ではあまり使わない八角が乗っていますね。

このようにバスマティ・ライスとカレー部分が層になってるものが、本物のビリヤニ。近年、日本におけるビリヤニ人気はうなぎ上り。

普通のOLやサラリーマンが、普通に注文するようです♪
もちろん、これは羊なのに馬い!・・・なんて、ウフッ♪

▼気になるスパイシーポテトフライ。これは栗本さんに食べてほしいなあ!

どの皿も、とにかく大満足で、注文の選択もベストチョイスでした。
料理が出来ると、ブザーがわりに牛の声が「モー」と鳴くのも楽しい。

もちろん再訪アリですね!

▼寿司に使うカウンターもあって、この日は肉のみ入ってましたが、魚も多くこの中に入っているようです。さあ、これから真面目に絵を描こうっと♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>