大相撲「女性は土俵を降りて」で、飯山陽の「イスラム教の論理」を思い出しました。

大相撲「女性は土俵を降りて」アナウンスへの批判

 私が子供だった時分、よく親父は”大相撲が前近代的だ”、という話が出ると「いまだにチョンマゲ結ってる連中だ。何つまんねえこと言ってやがる」なんて言っておりました。

父は学者でしたが、浅草生まれで家では口が悪かったけど、子供心にそうだなと思ったものです。だから女性知事や女性市長などが「土俵で挨拶させて」というのは、土俵の神さまに失礼だと思っております。

でも先日の救急のように人の命がかかった場合は、話が別ですね。土俵の神さまだって、「いいから早く助けてやれ」と言うに違いありません。

舞鶴市長も一命を取りとめたから良かったけど、もしもという時は世間の非難が大変だったでしょう。ああいう時、協会はダメですよね。あとで大量の塩まいたとか、それも論外です。

ただ、この話。色々と問題が違う方向に行ってるように思えます。
何と言うか、違う価値観でモノを言っているので、話がかみ合ってないというか。

緊急事態で女性医師が土俵に上がるのと、平時に女性市長が土俵に上がるのでは、問題が違います。

それを「民主主義の世の中なんだから、普段かも女性を土俵に上げなきゃダメ」というのは、話がややこしくさせるだけなんだけどなあ(苦笑)。

でも、この話。いつまで経っても平行線だろうな。

この一件で、私は先日読んだ、飯山陽という若いイスラム研究家が書いた「イスラムの論理」という本を思い出しました。

読んで衝撃的だったのは、「基本的に私たち日本人の価値観で、イスラム教の基本的な考え方は推し量ることはできない」ことが理解できたことでしょうか。

オビの文言にもある「”イスラム国”のイスラム教解釈は間違っていない」は、同書を読めば、まさにその通りであるのですが、それは私たちの価値観と相容れません。
(どう違うのかは、本書をお読みくださいませ)。

まあ、そこまで価値観の違いはないにせよ、人どうしの話がすれ違う理由が少しわかった気がしました。

相撲の話とすり替わってしまいましたが、興味持って頂いた方はぜひご一読を。

大相撲「女性は土俵を降りて」で、飯山陽の「イスラム教の論理」を思い出しました。” への5件のコメント

  1. 思想・表現・信仰の自由……いろいろありますから、いくらでも「女人禁制」をやればいい――ようなものですが、実は相撲協会は「公益財団法人」なのですね。
    法人税の非課税やらなんやら、公的に優遇されています。
    そういう団体が、カルト教団なみの行動を取ることは許されないでしょう。
    ご主張は、見当違いだと思います。

  2. そんな訳で、公益財団法人でなければ、別に市長が死のうが生きようが、信じるままに行動して、何の支障もないでしょう。
    「土俵の神様に失礼」を常に支持するか、否定するかのどちらかでなければ一貫性がないと思います。
    ある宗教を信じていらっしゃる方が、子供への輸血を拒否して騒ぎになったことがありましたね。死ぬか生きるかでコロリと変わってしまうようでは、信者たる資格が問われます。
    まあ、きちんと歴史を検証すれば、土俵の「女人禁制」なんて、まるでいい加減な話であることが分かるようですけど。

  3. 田中敏さま、おはようございます。

    >死ぬか生きるかでコロリと変わってしまうようでは、信者たる資格が問われます。

    おっしゃる意味がよくわからないのですが、察するに田中さまはムスリムの方たちと同じ宗教、神を最優先する方のようですね。
    私にとって「信者たる資格」やらはどうでも良いことなので、本文にも書いたように、どうやら田中さまと私とは、どこまで行っても平行線な人どうしだと思います。

    また、「女人禁制」は明治以降だから歴史的に意味がないという意見も、イスラム生誕が七世紀だったことを鑑みれば、その時代にとっては新興宗教なようなもので同じことです。そこの伝統云々を言うこと自体意味がありません。

    特にこれ以上反論はいたしませんが、私も考えを変えるつもりはございません。
    いずれにせよ考えの違う者どうしで、これ以上不毛な議論はムダですので、今後はお越しいただかぬようお願いできれば幸いです。

  4. コメントをありがとうございます。
    平行線云々は、議論を尽した末に言うべきことだと思います。
    自分と違う考えに対してまるで聴く耳もたぬ姿勢は、ネットという基本的に開かれた場で表現するヒトには、あまりふさわしくないでしょうね。

    私はまったくの無神論者です。そういう立場で書いていることがお分かりにならないのはたいへん残念です。
    ですから、

    >>土俵の神さまだって、「いいから早く助けてやれ」と言うに違いありません。

    なんていう根拠のない推測はいたしません。
    「土俵の神さま」なんて存在する筈もないと思いますし、仮りに存在したとして、どのようにしてその神の判断が分かるのか、と敢えて論理整合性にこだわったりするわけです。

    私がブログ主さんのご意見について一番言いたかったのは「公益財団法人」がああいうことをしていいのかどうかという点でした。
    あなたはそれについて答えられないので、いきなり問答無用を宣言しているだけです。

    間違いは素直に訂正するのがいいと思います。
    アベ政権の文書改竄と同じで、無理にとりつくろうとすると、どんどんドツボにはまっていくばかりだからです。

    まあ、そんなわけで、どうかよろしくお願いいたします。

  5. あ、公益財団法人が適切かどうかという意見を聞きたいのですね。
    失礼いたしました。

    少しお待ちください。
    考えをまとめてからお返事いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>