南インド料理店の ”日本人ナメてる感” にやや不満?

昨日は有楽町でパスポートを取りに行った帰り、銀座の南インド料理店アンドーラダイニングでランチを取りました。

いや、かなりにクオリティで美味しいんですけど、いつも南インド料理店に入って感じることがやはりここでも。

ミールスセットを頼んだんだけど、バターチキンやキーマなどの北インド料理が入っていて、インド人の”日本人ナメてる感”満載に、やや不満でした。
いや、それなりに美味しいんだけど、ミールスにバターチキンはウソだろうって!
これはミールスというよりはターリーです。

なんて言っても、まわりの客を見渡すと、AランチBランチのナンとバターチキンなどのセットを注文しています。

逆に考えれば外国人が日本料理といえば寿司と天ぷらといったようなもので、日本人から見たらミールスもターリーも違いがわかる人は殆どおりません。

これではよく知られたインド料理を出すしかないかと思った次第。
場所も銀座とあって色々な人もやって来るし、それが商売って言えば商売なんだけど、やはりバターチキンにはナンの方が合いますよね〜。

「ケララの風Ⅱ」や「なんどり」のような、日本人がやってる店の方が本場の南インド料理に忠実だったりするのは、そんなわけなんでしょう。
と言いつつ、バスマティライスとラッサムをおかわりしてしまいましたけど(笑)。

こちらは大森の「ケララの風Ⅱ」。見た目もなんだか違うでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>