イタリアンでグルテンフリー?

山菜とアスパラ、鰹節、トマトバジルをアサヤ・ビネガーのバルサミコ酢で和えた逸品は絶品!

昨日は20kgのブドウを500mlほどに凝縮したバルサミコ酢で話題になった、山梨県のアサヤ・ビネガー社長とその親戚の友人と一緒に、ヤマガタ・サンダンデロでグルテン・フリーの会に行きました。

グルテン・フリー、すなわち小麦不使用のイタリアンはきわめて珍しいのですが、たまたま麻布十番の塩屋さんなどが同席して、面白い会になりました。

東京オリンピックを前に、アレルギー食事対策やハラール、ビーガンを含めたベジタリアン、ノンベジなど、様々な人に向けた食について考えてみたいイベントでありました。

以下はこの日のメニューです。

↓ こちらは米粉のパンにそれぞれヨーグルトと筍、ホタルイカなどを乗せたブルスケッタ。米粉のパンは粘り気のあるおせんべいみたいでした。

↓ 蕎麦粉を使ったガレット風のクレープと、スモークトサーモン、パンナコッタの一皿。本当にパンナコッタで、ナンノコッタ!・・・なんて、ウフッ♪ 

↓ 鶴岡で捌いた魚介に米粉のベシャメルソースを使ったグラタン。塩は親潮系の海塩を使ってるそうですが、塩屋さん、さすがに見事に当てました! 

↓ 米粉のフォカッチャ

↓ ポークのポレンタ巻きの納豆ソース。納豆好きの関東人にはたまらないけど、妻は苦手かも。これは実験な一皿でした。

↓ お品書きになかったリコッタチーズのただ茶豆の和え物ですが、納豆の味をやわらげる一皿です。

↓ イタリアの三色旗をイメージした一品。同系色でまとめる奥田シェフの料理には甚だ珍しい一皿。米粉のヌードルにわさびの葉を使用して、なんとも言えない味わいです。

↓ こんにゃくを使ったコーヒーゼリーもどき(笑)。

↓ 〆は月の雫という満月の時にしか取れない海塩を使ったジェラートと、やよい姫、パウンドケーキのドルチェでした♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>