沖縄の海彦山彦 其の三

沖縄 海の絵
1 2 3 4 5 

下絵は40分もあればできると豪語しながら、裏キャンバスに描いたアタリをひっくり返して、再度アタリをつけるのに40分かかり、自分の見積もりの甘さに呆れんばかりでした。

それでも早めに会場に到着したこともあって、下絵は着々と出来上がっていきます。

開始時間は13:30。
半分ほど下絵が出来上がったところで時計を見れば、まだ11時です。

「余裕だね♡」

「余裕ですね♪」

ところが、別の部屋に行って戻ってきたyu-koさん。
顔色を変えて言いました。

「たいへん! この時計、狂ってます。ホントは今、12時ですよ!」

えええええええ〜!
なんじゃ、そりゃ〜!

部屋の時計、止まってくれてりゃ気がつくのに、変に動いているからわからなかったのです。余裕だと思ってたのが、マキを入れて描かないと間に合いません。

半分済んだところで、2時間半と1時間半ではえらい違いです。
ギアをあげて、ガンガン描いていかないと!

それにしても、俗にウチナータイムなんて言うそうですが、1時間狂う時計を使っていて気づかないなんて、さすがは沖縄?
でも、スタート時間はピッタリ合っていたのだから、もしかしたら私たちが到着した直後に時計が狂いはじめたのかもしれません。

まあ、時計が狂った理由なんてどうでもいいや。
時間までに間に合わせないと!

つづく

↓ こちらが完成図。クリックすると全体の拡大画面がUPされます。

沖縄 海の絵
1 2 3 4 5 

沖縄の海彦山彦 其の三” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>