「色彩百科」と「ジャイサルメールの孔雀」

昨日、一昨日とカラーガイド関連のUPをしましたので、本日は「フランスの伝統色」のUP、と行きたいとこですが、それでは芸がないので、会社員だったジーイー企画センター時代の仕事を公開いたしましょう。

↑ 赤い「色彩百科」は三十路半ばくらいの時の仕事だったでしょうか。
カバー絵はもちろん、内容の構成や本文、デザイン、イラストまですべて独りで作ったもので、いわば今の仕事の原点にあたるものです。
美大の絵画科出身ではあったものの、入社当時はデザインに関しては素人だった私に、師であり恩人でもある当時の故・伊藤会長が色々叩き込んでくれた、ひとつの成果でもありました。

絵画の色彩と違って、色見本などは印刷の色はアミ点の数字が間違えていたら致命傷。ザツなところは、そこで多少矯正されました。そんな感じで、今また仕事の原点に戻って考えてみようかと思っています。

白い「色彩百科」は、私の退社後に今のジーイー社長が編集して新版にしてくれた本で、今でも売っているとのこと。専門学校の副読本にも採用されたことがあったそうです。

ともかくも古巣に信頼されて、未だに仕事の関係が続いているのはありがたい限り。

本日、夕方からジーイー企画センターOB会をいたします♪
墓参りは今年の春に行きましたし、足元が雨で良くないのでキャンセル。代官山での飲み会だけの参加ですが、 骨折後、はじめて電車に乗るのでドキドキです。

↓ この本のカバー絵を、この15年後に孔雀の部分だけ切り取ったものが、この「ジャイサルメールの孔雀」として完成させたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>