愛甲さん質問会〜答えは自分の体の中にあり?

昨日は横浜大倉山で花風社主催の愛甲修子さん質問会でした。

相変わらず風通しの良い講演会はいつものことでしたが、昨日少し様子が違っていたのは、重い質問が多かったためか、会場はかなり真剣な雰囲気です。

会場には、花風社の講演の常連も多く、見ると神田橋先生の処方、栗本さんの施術などを通じて、生活のクオリティを改善した人、しつつある人の様子も多々見られたのですが、それだけに「治そう」という意欲が会場の雰囲気を、さらに真剣なものにしていました。
わたしのダジャレも慣れてスルーされるのか、真剣な雰囲気にそぐわないのか、ほぼ空振り(苦笑)♪

そんな中、ちゅん平の処女作であり、まだアスペ全開だった藤家寛子さんの「他の誰かになりたかった」 の復刊もあって、「治る」ためのステップが数多く揃っていた講演になりました。

そんな中、門前の小僧習わぬ経を読むではありませんが、シロートのわたしが感じたことを一言。

自閉傾向のある人のハイパー律儀もあるのですが、講演参加のみなさまには正解幻想が強いと思いました。

例えば栗本さんの金魚体操にしても、神田橋先生の8の字体操にしてもそうですが、みなさん「正しい形」を知りたがるのですね。
でも、考えてみてください。

これら一連の”いかがわしい体操”の目的は、みなさまの心身を楽にするためのもの。

だから、手を当てる部位とか動き方というのは、実はみなさま本人でないとわからないのです。肝心なのは自分が「気持ち良い」と感じるかどうかだと思うのですね。

わたしの親しい人が神田橋先生から頓服薬を出された時、こう言われました。
「症状が起りそうな時に、これを飲みなさい。飲むタイミングはあなたにしかわからないから、”何か来そうだ”と思った時に飲みなさい」

そして効かないと思ったら、さっさと止めてほかのことをすれば良いのです。
それはあなたにもう必要ない行為なのですから(どのみち、お金が1円でもかかるものでなし)。

なんてエラそうに言う立場ではないのですが、会場に来ている多くの人が「正解幻想」でムダなエネルギーを使ってる気がしたので、差し出がましく申し上げた次第。

正解はあなたの体の中にあり。

栗本さん、そうですよね?

・・て、昨日の二次会はいつもツッコミを入れる栗本さん不在だったので、普段はキレているダジャレも、今一つ冴えませんでした(苦笑)。

今度はゼヒご参加を。市ヶ谷の釣り堀は行きませんけどね(笑)。

愛甲さん質問会〜答えは自分の体の中にあり?” への2件のコメント

  1. おはようございます。

    質問会&晩餐会に参加できず残念でした。
    興味深く記事を読ませていただきました。

    >正解はあなたの体の中にあり。

    >栗本さん、そうですよね?

    はい。

    ただ、あまりにも体がガチガチになっていたり、考えばかりに意識がいっているようですと素直に体を感じれなくなります。
    体を休める(弛める)ことができると、感じる力が取り戻ってきます。

    >・・て、昨日の二次会はいつもツッコミを入れる栗本さん不在だったので、普段はキレているダジャレも、今一つ冴えませんでした(苦笑)。

    忍者の日に行なわれるカレー晩餐会で、キレのあるダジャレをかまして頂きます(笑)

    >今度はゼヒご参加を。市ヶ谷の釣り堀は行きませんけどね(笑)。

    はい。
    そろそろ、フナの乗っ込みシーズンなので、市ヶ谷はおすすめです(笑)

  2. ”だるま”さんこと栗本さん、おはようございます!

    >体を休める(弛める)ことができると、感じる力が取り戻ってきます。

    ここ、肝心なとこですね。
    昨年は花粉の時期に体を弛めることに取り組んできましたが、飛散量も少なかったためか、かなり楽になりました。
    今年も実践しようと思います。

    >忍者の日に行なわれるカレー晩餐会で

    へえ〜、忍者の日なんだ。

    >そろそろ、フナの乗っ込みシーズンなので、市ヶ谷はおすすめです

    アンタ、人の話聞いとるんか(笑)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>