時が過ぎれば人も仕事も変わります

「まどろむ普賢菩薩」

20世紀末、横浜の綱島に住んでいた頃の作品です。
先ほど、これをFacebookにUPしたところ・・

詳しくは判らないけど21世紀に入って色調が変化してる気がします。ダークな紺、こげ茶、チャコールグレイ、今はほとんど使ってない感じで。

というコメントが入りました。

ああ、そうだよね。時間とともに作品も変わる。
この頃は、まだサラリーマンをしていて、たしかフリーランスになる数年前の作品だったと思います。

会社から帰ったあとは、疲れてなかなか制作ができないので、 朝5時頃起きて描いていたような記憶があります。
今でも早起きは変わらないので、5時起きは珍しくありませんが、いきなり絵を描くようなことはありません。だらだらとメールチェックをしたり、 FacebookやブログをUPしたり、直接実入りにならないことをして、出すもの出して、ご飯食べて、なんてことをしながら、仕事に入ります。

と言いますか、最近は仕事とプライベートをあまり区別しないようにしています。

つまりはご飯作ったり、掃除したり、お酒飲んで友だちと遊びのと、仕事のランクづけをしないってこと。
いや、仕事を軽んじてるんじゃありません。

優先順位はもちろん仕事です。ただ、それは時系列の話であって、締め切りが早い方が先、編集者のコワい順が先って具合でしょうか(笑)。

空海が「仏業に雑事なし」という言ったのを持ち出すのはカッコつけすぎですが、その方が楽になるし、仕事自体のクオリティも不思議と上がるようです。

はっきりそれが意識したのがフィリピンで制作をしてからかな。

仕事のクオリティって、生活そのものが出ますから、心が荒れると作品も荒れる。
もちろん、アートだから荒れた方が良くなることもありますが、それだと決して長持ちはしません。

カラヴァッジョなんかは、その良い例かな。

時が過ぎれば人も仕事も変わります” への2件のコメント

  1. 大澤です。おはようございます。リパの恵み、、改めて観ると、明るい色調がいいですね。この絵の額装ですが、色々検討した結果、ロビンソンデパート内の写真屋にお願いするつもりです。金色系、木系のどちらかですが、華僑系のエドナは前者がいいと言っています。本物の木材か人工材のどちらかですが、やはり前者がいいようですが、重たくなります。
    今日店に行って決めるつもりです。

  2. 大澤さん、おはようございます!

    おお、いよいよ額装ですね。
    ずっと飾るものですから、そのくらいのタイミングで決めるのが正解だと思います。

    >金色系、木系のどちらかですが、華僑系のエドナは前者がいいと言っています。

    エドナさんに1票!

    重さと合わせてご検討ください。
    額装、私も楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>