真田丸と真田太平記

こちら話にまったく関係ない、赤坂「紫月(しづき)」のカレー。
手間がかかっていて美味しいです♪

本日2本目のブログアップ。

昨日、NHKの大河ドラマ「真田丸」を見たあと、CS放送を見たら時代劇chで「真田太平記」を放映していました。

真田信繁こと幸村は何と、草刈正雄。
イケメンという言葉がなかった時代、今でもいないようなイケメンでした。

これって、私は見てなかったんだけど30年も前の作品なのね。

30年経って、「真田丸」の草刈正雄はお父さんの昌幸役でいい味を出してますが、「真田太平記」では、若い榎木孝明も出演していて、月日が経つのを感じた次第。

なんかスターウォーズの新作を見た時と同じ感慨が湧いてきました。

驚いたのは、武田家が滅亡したあと、「上杉につくか?」「北条につくか?」って場面です。

「真田丸」では、草刈正雄が「織田につこう」と言い出す、推理小説の意外な犯人的場面が、昔の「真田太平記」では長男の信幸(渡瀬恒彦)が言い出すことになってます。

「真田太平記」は原作が池波正太郎先生ですから、そのままでしょう。
「真田丸」の方がアレンジしたんでしょう。 たぶん、これは役者を見込んだ「アテ書き」ですね。草刈正雄扮する父・昌幸は実にしたたかな戦国武将ですから、敵だった織田につこうなんてことを、いかにも言いそうです。

史実はどうだったかは、今となってはわかりませんが、三谷幸喜のシナリオだったら、これはアリかな。才気走り過ぎて鼻につくこともある、この人の脚本ですが、今のところ面白く次回も期待できるところです♪

赤坂ままやのカツサラダ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>