これまた意外に面白かった「真田丸」初回!

今日、2度目のUPです。

昨日の稀勢の里は取り直しの一番で、初日お約束の黒星だったそうで、いやいや、リアルで見なくて良かった。
で、「真田丸」の初回をオンデマンドで見ました(再放送も見られないので)。

いや、上から目線みたいで申し訳ありませんが、これまた意外に面白かった!

三谷幸喜の脚本は、才気走りすぎていて、正直あまり好きでありません。
王様のレストランでは、すごいなと思いましたけど、やはり鼻につくとこがある。

「清洲会議」なんて、その最たるもので、役所広司の柴田勝家がどう見ても、秀吉役の大泉洋より器が小さく見えないのも違和感が・・・。

そう思って、そんな期待しないで見たのですが、意外に面白い。

三谷幸喜の脚本は時代劇にしては軽すぎるところもありますが、 その分仕掛けも多いのが良い方に向いているように思えます。

また、NHKお得意のCGを、戦国武将たちの陣地取りに使っているのはわかりやすい。
地政学的な観点で、地理的優位不利が一目でわかりますね。

↑ こちらは武田終焉の地、天目。

勝頼さんは、世間で言われるほどダメでなかったと言いますが、父の信玄公があまりに偉大過ぎたのですね。

真田は戦国の歴史では主役でありませんが、毎週見ることにいたします。

草刈正雄の真田昌幸が、なかなか良い。
スターウォーズのハリソン・フォードもそうですが、年を重ねないと出せない良さがあるものです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>