画家のパレット、購入しました!

昨日は新宿の世界堂で、大きな絵を描くのに足りない画材を購入しました。

そこで思わず購入してしまったのが、上の写真にある新品のパレット!
いかにも画家のパレットという典型の品ですが、実はわたくし・・絵で飯を食うようになってから、このタイプのパレットは使ったことがありません(笑)。

画家が必ずしも、この丸型パレットを使うかというと、そういうわけでもなく、わたしも予備校時代の絵を学びはじめた最初の頃は、これに近い、角形で折りたたみ式のパレット使ってましたが、管理にちょっとした手間がかかる上、わりと使い勝手がわるいのですぐにやめてしまいました。

横浜にいた頃はオニックスの石パレットを使ってましたし、最近は白い大皿をパレット代わりにしていたのですが、こうした丸形で木のパレットは初めてかな。

何でこれが欲しくなったかというと、先日見たユトリロとヴァラットン展に、母子が使ったパレットがあったのを思い出したからです。

もしかして、少しは知られる画家になった時(ならない可能性も高い・・泣)、このパレットが展示されるかもしれない・・なんて、助平根性が頭をもたげたというワケで。

まあ、そうなっても私自身はこのパレットの展示を見ることはできないわけですが(笑)。もっとも前に使っていたオニックスのパレットも、そんなつもりで購入したんですけど、赤坂に引っ越す時に厄払いのつもりで廃棄してしまったのでした。

今、考えるともったいない気もしますけど、このパレット。
大切に使いたいと思います。

これを持って、フィリピン行き。使い初めにどんな仕事ができるのか楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>