食生活が心を楽にする

一番コワいクライアントからのラフを描きながら、ブログの更新です。
あー、今やってます、今やってます(汗)。

あ@花さんちゅん平さんこよりさんのブログに偏食について書いてあったので、わたしも一言。

と言っても、他人の食事についてではありません。
自分の食事についてです。

長く生きていると、体が変わるので食べ物の嗜好が当然変化します。

わたしの場合、若い頃は多くの男性と同じでトンカツなどの揚げ物、丼物ものや居酒屋メニューが何より好きでした。特に肉が好き。
これ定番です。

で、学生の時にイタリアやスペインなどを初めて訪れたときに魚の旨さにはじめて、気づき(そんなものです)、積極的に食べるようになりました。

野菜に目覚めたのは、2度めのインドに行ったときで、これはコルカタの屠殺場を見学して肉を食べる気なくしたから。
インド旅行はほとんど野菜で過ごしました。

3回目に食事が変わったのは、痛風を発症した3年前。
あまりの痛さにバチが当たったと自覚して、食生活を変えました。

家飯は野菜中心で、なるべく油は控えてお酢や砂糖(たぶん油より大丈夫)を多く使い、3年以上経った今でも痛風は再発してません。

ただし外食の時はエンリョしないで、食べたいだけ食べる。

痛風して1年で体重はだいぶ減り、その後はあまり増減もせず、まあ高値安定くらいを続けています。

わたしのブログを見る人は、ものすごいグルメで旨いものばかり食べてると思ってる方もいますが、実際は葉っぱや木の実、根っ子や茎を齧っている食生活が中心です。
(ホントだよ!)

まあ、信用してくれんでもええです。

ただ、太るとか痩せるとかじゃなく、まともなものを食べて、好きな仕事をして、適当に運動すると気持ちは楽に暮らせるみたいかな。

なんかツイッターでものすごいカレーのレシピがまわってましたけど、あれでは心はかたよったままじゃないかなと。

さーて、これから好きな仕事の続きをしないと。
一番コワい顧客の催促が聞こえてきたら、さあ大変!

↓ こちらはケララの風の沼尻シェフにいただいたライガーのお面。
え? いつそんなとこ行ったんだって?

うわーははっはははははは!

あーあ、くわばら、くわばら♪
あー、今やってます、今やってます、今やってます、今やってます!

 

 

食生活が心を楽にする” への4件のコメント

  1. こんにちは。
    このブログを読んだ直後にラフをいただき、あらー私なんかより一番怖いクライアントを優先させてくださってよかったのに、と思いましたよ。

    さて、うちの健康法に最近加わったのが温泉です。この週末も行ってきます!

  2. あ@花さん、おはようございます!

    >あらー私なんかより一番怖いクライアントを優先させてくださって
    >よかったのに

    うあはははははは(汗)!

    大相撲、わからなくなりましたね!
    週末TV桟敷を温泉でお楽しみくださいませ♪

  3. こんにちわ。

    >長く生きていると、体が変わるので食べ物の嗜好が当然変化します。

    体感ちう。
    ふっくら新米と佃煮の組み合わせだけで至福に感じられております。
    勿論そればっかりでは偏食とは解っておりますが、美味いんだなあ。
    DNAのなせる業なのかなあ?

  4. お頭さん、おはようございます!

    ご飯に佃煮の朝食は至福としか言いようがありませんね。

    わたしなら、それに野菜タップリのみそ汁を加えます。
    これで栄養バランスは、もう”えいよう”・・・なんて、ウフッ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>