舛添知事で思い出すこと

静岡の久能山東照宮です

舛添知事の評判悪い韓国訪問、しばらく経つのにツイッターではまだ続いてますね。

韓国におもねる知事の態度、たしかに如何なものかと思いましたが、ネットで言われてるような朝鮮籍であるとか、帰化人であるとかは、ないと聞きました。まあ、それがあったとして何か?・・・というのもありますが。

ただ、この人・・上に立つ者としては品性が良ろしくないですね。

昨日、湾岸戦争のことを書いていて思い出したのですが、舛添氏が有名になったのは、丁度この頃だった記憶があります。

湾岸の頃は東大の教授(准教授?)をまだやっていたのかな?

以前にも書いたのですが、あれは湾岸戦争がなかなか終わらず、夏から冬になる頃でした。
帰還した従軍記者だったか、まだイラクにいた記者だったか記憶は定かでないですが、舛添氏は記者にこう尋ねました。

「多国籍軍の中で、厭戦気分がただよってませんか?」

「はあ?」

「ですから、多国籍軍の中で、エンセン気分がただよってませんか?」

この記者・・・厭戦気分という言葉を知らなかったのですな。
それも記者として、どうかと思いますけど、相手がわからなきゃ、ほかの言葉にしてやりゃいいのに、舛添氏、さらにたたみかけます。

「だから、厭戦気分はあるかないかと」

舛添さん、もしかしたらこの記者のことが嫌いだったのかもしれません。

もしそうだとしても、相手を叩くなら議論して叩きのめすとか、ほかの方法があるでしょうし、互いによく知らないとしたら、なおさらです。

わたくしはこの時、よくよく武士の情けを知らぬヤツ・・・と思ったものです。
まあ、記者もわからなきゃ「厭戦気分って何ですか?」って素直に聞けば良いんですが。

これがモノを知らないのを売り物にしてるアイドルだったら楽なんでしょうけど、この従軍記者・・・学歴が高くて聞けなかったのかもしれません。

一時が万事と言いますが、このことと先日の韓国訪問と無関係ではないような。

ともかくもヒラマサのオリンピックに協力など、日韓W杯の借金諸々踏み倒されているというのに論外も甚だしい。

まったく猪瀬さんで良かったと言っても後の祭りですが、東京オリンピックの時は、誰かほかの方にやってもらいたいものです。

 

舛添知事で思い出すこと” への4件のコメント

  1. こんにちわ。

    件のお方、三代前まで遡れるので、純粋な成りすまし(?)、
    ではないようです。

    然し昨(?)今やってる事は、そう取られても仕方ないことだらけですね。
    男の顔は履歴書からすると、なんかなあ、という表情ばかり、いっつもぅ。

    このお方、都政と言うよりは渡世人ですね。(何度も言うな!)
    その場の自己利益だけに駒を張るお人。
    誰が投票したのかなあ、SGI系は勿論なんだけど、
    それだけじゃ当選できなかったと思うと...。
    リコールがもうすぐ始まる、のかな???

  2. お頭さん、おはようございます!

    >件のお方、三代前まで遡れるので、純粋な成りすまし(?)、
    ではないようです。

    すみません。何を言ってるのか意味が全然わかりません。
    舛添要一氏は先祖代々からの日本人である、ということでよろしいでしょうか。

    >その場の自己利益だけに駒を張るお人。

    これはわかります。
    その通りですね。

    それより、リコールって効力あるんでしょうかねえ?

  3. おはようございます。

    >舛添要一氏は先祖代々からの日本人である、ということでよろしいでしょうか。

    スンマセンです、御意です。

    リコールは、役立たず。

  4. お頭さん、おはようございます!

    >リコールは、役立たず。

    いけませんなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>