結果ありきの「9条守れ」

鶴岡に新しくできたアル・ケッチァーノのフレンチ支店、アン・ヴェ・ミルーのコース。庄内野菜のテリーヌは絶品です!

昨日は、アートでも食材でも「してほしいこと」をした方が良いという話をいたしましたが、今日はその真逆・・・「結果ありき」の話をいたしましょう。

物理学や数学の証明では、「結果がたぶんこうだろう」ということで、公式や論理を導いていくことがあります。

こういう場合の「結果ありき」は、その結果が真実ならOK。
真実でないならNG。
実に潔いというか、シンプルです。

シンプルでないのが、政治や思想などの「結果ありき」でしょう。
政治や思想において、真実はひとつでありません。というか要素が複合的なので、すべての人間を満足させることはできません。

これぞフレンチ、フォアグラのトリュフ添え!

世に言う憲法第9条至高主義の方がたというのは、この「結果ありき」という典型的な人たちでしょう。

仮に日本が中国に侵略されて国がなくなっても、後世の教科書に
『昔、日本という心の美しい民族がいました』と書かれれば
それはそれでいいんじゃないかと

本人がそう思うのは自由ですが、他の日本人は「いなくなってもいい」と思っているわけではありません。それを強要することこそ、立派なファシズムなのですが、憲法第9条至高主義の方々はそう考えていないようです。

自衛する権利まで放棄せよという、いったいどこの国のための憲法なのか。

舌平目のムニエルをアーモンドソースでいただきます♪

加えて言うと、集団的自衛権容認の報道。

メディアは反対派ばかりを取り上げ、賛成派は取り上げていないという意見もあります。

自衛隊が出てくるだけで「戦争をしたがっている」という報道は、最近でこそ少なくはなりましたが、そういう声は未だに少なくありません。

実際には、軍人ほど戦争をしたがらないものですが(そりゃそうです。戦争があれば、手塩をかけた部下たちだってタダでは済まないし、自分にだって家族がいます)、戦時中には、死ぬのが怖いことを恥とする無謀な考えも流布しました。

そのアレルギーが未だ残っていることと、戦後教育の影響もあるでしょう。

さて、そろそろ千葉・流山に行かないといけないので、続きは次回ということで。

庄内豚のズッキーニ、カボチャ巻き♪

サクランボのタルト!

 

 

結果ありきの「9条守れ」” への4件のコメント

  1. >政治や思想において、真実はひとつでありません。というか要素が複合的なので、すべての人間を満足させることはできません。

    八百万の神の国なのになあ。
    複雑系の思案は確かに辛いけど、我慢強さは過去のもの?
    一神教の見掛けの良さに惑わされてるバヤイじゃないのに。

  2. お頭さん、おはようございます!

    >一神教の見掛けの良さに惑わされてるバヤイじゃないのに。

    9条信奉は原理主義ですね。

    反原発の立場から、放射線治療は拒否するという某坂本龍一さん。
    これも科学的に考えれば意味のない行為ですが、この人らしい原理主義的な行動ですね。

    わるいけど、まったく共感できません。

  3. 静岡の神社、いいですねー。

    おはようございます。

    >わるいけど、まったく共感できません。

    ご意見には全く共感いたします。
    ノーベル健三郎君もなんかムニャムニャ言ってるらしいんですが...。
    原理主義者にまで成るのは、逝き過ぎなんだろうなあ???

    ご無事のご帰宅を。

  4. お頭さん、こんにちは!

    >ノーベル健三郎君もなんかムニャムニャ言ってるらしいんですが...。

    文学賞というのも、平和賞の次に基準が何だか政治的なんですが、
    ノーベル賞はノーベル賞なんで、始末悪いですね。

    あ、無事戻りました。

    今日の食事はあっさり目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>