レンブラント作品、作者は本人ではなかった! 17世紀の“ゴーストペインティング”問題とは?

レンブラント作品、作者は本人ではなかった!
17世紀の“ゴーストペインティング”問題とは?

珍しく連日、アートねたか自分の仕事のUPが続きますが、本日もサイト・トカナに連載しているART記事からの転載です。

ケレン味を好むサイトの性格上、巨匠レンブラントに「ゴーストペインティング」なんてタイトルがつけられてますが、内容は読んでの通り。

そんなにスキャンダラスなものではありませんし、またウソを書いてるわけでもありません。

レンブラントに贋作が多いという話、聞いたことはないでしょうか?
贋作というとウソになりますが、レンブラント作品と呼ばれていたものに、本人が描いたものでないものが多いというのも本当です。

え? それじゃ、それは贋作だろうって?

いえいえ、それが違うのです。

詳しくは記事の本文をお読みくださいませ。

↓ ほかにも、こちらは過去のトカナ掲載の記事です。
次回は日本美術で浮世絵を取り上げる予定です。

お楽しみに!

芸術に“品格”は必要ですか?
カラヴァッジョ ~愛と男と激情の人生~

日本アート界にはびこる権力闘争、不正審査!

画家ジョット・ディ・ボントーネが見た”あの星”の謎

死体をモデルにして描かれたキリスト像〜ホルバイン恐怖の絵

こんなの私じゃない! 名画をいらないと言ったわがまま娘たち

 

↓ こちら、本文にまったく関係ない山ね家の鱈の白子です♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>