田母神候補の60万票をどう見るか

予想通りだった舛添知事。
インタビューを見る限りは、さすがにバカではありませんね。少なくとも宇都宮候補、細川候補じゃなくて良かったかなというところです。

奥さんが創価学会ということで、色々言われるところはありますが、この人が信仰に熱心でなさそうなのは、この場合良いことでもあるでしょう。

この人の不惜身命が感じられない、熱くない、利にさといというのは、個人的には不満なところなのですが、 言い方を変えればクールであるとも言えるので、なった以上、舛添さんにはキチンと仕事をしてほしいと思います。

知事がコロコロ変わるのは好ましくないので、なるべくなら変わらずに安定した都政をしてくれれば良いと思います。

それにしても46.14%という過去3番目に低いという投票率は問題ですな。

選挙に行かないというのは、政治について口を出せないという意味でもあるのですが、働きざかりの20代から40代の投票率が低いというのが問題です。

今回も投票率が高かったのが60代70代だそうですが、田母神候補に投票したのが、20代30代が多かったというのが、興味深いところ。

うちの母などは、私が「田母神さんに入れた」というと、「自衛隊でしょ、あの人」と、あまり良い顔はいたしません。

丁度、今朝ドラ「ごちそうさん」で戦争の場面をやっているのですが、そこもあまり見ないとのこと。
そういえば、一昨年。一緒に知覧に行った時も、特攻平和会館の手紙が見てられなかったようで、「早く出よう」なんて言ってました。

母の世代は小学生の時に戦争が激化し、終戦を迎えた時代だったため、戦争にも軍隊にもトラウマがある世代なのですね。

軍というのは本来、国を守るためのものなのですが、あの時代に育った人は戦後の教育も相まって、軍隊に対して強い拒否感を持ってる人は少なくありません。

また、それ以降の世代は(私たちの世代も含めて)、戦争と一緒に軍を否定する教育を受けていることもあるでしょう。

しかしながら、実は軍人ほど戦争をしたがらない人種はないとも言います。
そりゃそうです。

彼らは戦というものを知ってますし、ひとたび戦争が起きれば、自分はもちろん、手塩をかけた部下やその家族がどんなことになるかを知ってるからです。

それでも自衛隊の人に聞けば、「自分は司令が出れば、それに従い何処にでも行く」と言います。

兵隊さんはもともと国を守るために命を捧げる立派な仕事なのですが、それが戦後になって、「人を殺してお金をもらう仕事」という言い方に変わってしまいました。
あ@花さんなどはご祖父が軍人だったため、学校の先生から、そのことを責められたというのですから、教育というのはずいぶん歪んだものになってしまったということです。

戦争を知ってる世代はだんだん少なくなってきましたが、その世代にしても、なぜ先の戦争が起ったか知っている人はほとんどおりません。
子供でわけもわからず戦争に巻き込まれていたわけですから。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという言葉もあるように・・・
村山元総理はあの阪神大震災の時に、「自衛隊=戦争」というアレルギーでもあったのでしょうか、自衛隊を出動させずに大勢の人命をなくしました。

今回の選挙は20代30代の人が田母神さんに投票したそうで、ようやく戦後の自衛隊アレルギーから変化のきざしが出てきたと言えると思います。

ちなみに「軍人ほど戦争をしたがらない」というのは、湾岸戦争の時にTVで舛添さんから聞いたことがありました。都政の手腕や如何に。

それにしても舛添知事、あれほど女性に不人気で当選ですから、組織票というのは手堅いものだと思った次第です。

田母神候補の60万票をどう見るか” への6件のコメント

  1. >選挙に行かないというのは、

    あのー、行きたくても行けなかった高齢者も居ます。
    雪道が恐怖、んじゃタクシー、でも、走ってない。
    で、Jun7に投票所行臨時ちぃばす、なんて言ってみよう!!!
    税金の最たる有効活用じゃネ?

    >ようやく戦後の自衛隊アレルギーから変化のきざしが出てきたと言えると思います。

    呪縛が解けるのは、やはり三世代かかりますね。
    あと、我々の親世代は、なんだかんだ「お上」ソフト思考回路で、
    天皇陛下、総理大臣、新聞(いきなり?)は「お上」なのです?
    「お上」の言うことは疑っては為らぬ、ですね。
    アッシのように、そんなの配役なんだよ、ってると罰が当たります。
    そんでもって、「お上」に裏切られたのに、
    喉元過ぎれば三つ子の魂百まで、総理大臣、新聞の言うことは、
    正しいのでしょう。

    なんでもまず疑う、決め台詞でした。
    (およそそれは疲れますが、だから信じちゃう方が楽々。)

  2. 坂の上の雲ブームが続いてます。
    日露戦争に負けると、日本語が継承できなくなる。俳句も我輩は猫であるもかけなくなる。文士は無力である、との夏目漱石のセリフ。
    重いです。
    これほどの国民の運命を背負い戦う連合艦隊を見たあとでは
    オリンピックはまことに牧歌的な平和の祭典だなあと思いました。

  3. お頭さん、おはようございます!

    >あのー、行きたくても行けなかった高齢者も居ます。

    うちの母は行きましたけど、あの日は仕方なかったですね。

    >天皇陛下、総理大臣、新聞(いきなり?)は「お上」なのです?

    ここから先、イミフです。
    補足いただければ幸いです。

    よろしくお願いします。

  4. あ@花さん、おはようございます!

    「坂の上の雲」のヘビロテ、続いてますな。
    司馬遼太郎が映像化を嫌がっていたのは何なのでしょうね。

    >日露戦争に負けると、日本語が継承できなくなる。

    「永遠の0」同様(まだ見てませんでしたか)、映像を見るほどに「戦争はやってはいけない」と思う作りになるはずですが、司馬さんはそう思わなかったのでしょうね。

    「日露戦争に勝利したのが、先の戦争の過ちにつながった」という人がいますが、大東亜戦争のもたらしたものは、歴史的にまだ現在に続いています。

    あの戦争が過ちであったかどうか(そもそも、戦争をそんな簡単に『過ちか否か』を評価できないはずですが)、判断を下すのは、まだまだ先のことになるのではと思う次第です。

    それにしてもオリンピックはたしかに平和の祭典。
    個人的には上村愛子の妙なジャッジで、ますます興味は遠のいてますけどね〜。

  5. >ここから先、イミフです。

    マイド、すみません。
    「思う」人は沢山居るのですが、「考える」人は少ない、
    と思います。
    考えるの大変だから。
    なので、お上に任せる、ということです。
     
     

    >個人的には上村愛子の妙なジャッジで、

    御意です。
    お面相が、まあ、綺麗なので取り上げるんでしょう。
    見物人のこっちは結果が総てで、言い訳は聞きたくないです。
    負けたら、負けました、だけでしょ。
    慰め合いは内々でやってください。
    然もその慰め合いが、予定調和の演出だから、もう醜いです。

    スノボの若けえ奴ら、
    インタビュアーの予定回答と違うこと言うから、
    楽しいなあ。
    勝てば官軍です。
    それがスポーツでしょ。
    この世でしょ。

  6. お頭さん、おはようございます!

    >考えるの大変だから。
    >なので、お上に任せる、ということです。

    理解いたしました。
    ありがとうございます。

    >スノボの若けえ奴ら、
    >インタビュアーの予定回答と違うこと言うから、

    ツイッターで先のオリンピックで問題になった国母コーチのことが回ってきてますが、あれメダリストのコーチだったのね。

    報道、まず疑ってかかることが肝要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>