参院選にのぞむ既得権益列島

京都美山の観光大使(自称)として、絵地図のラフをUPです。

一昨日、丸の内で行われて勉強会では、私のクライアントが水産加工と漁協のことで講師をつとめました。

その話の内容が、まさに既得権益の話でして、日本の水産加工の発展を阻害している話なので、ほとんど受け売りになりますが、私なりに咀嚼して記事にしてみます。

通常の工業製品の場合、鉄や石ころを加工して付加価値を高め、車や電気製品に変えていく作業ですが、水産物の場合は水揚げされた時がベストという点が大きく違います。
(わたしの仕事も、ただの布切れや紙に絵を描いて付加価値を高めていく作業)。

つまり、水産物の場合は地産地消という方法が一番ベスト、ということが言えますが、それでは水産産業を発展させるという意味においてはあまりにパイが小さい。

産業全体を考えた時に、地産地消は必ずしも良い考え方ではないということですね。


こちらもるるぶに掲載された絵地図。あの時より新しいものですが、今見たらサカスができる前なようですね。自分で描いて忘れてます

日本が発明した水産加工技術、養殖技術というのは大変なものだそうですが、エビやサーモンの養殖などはほとんど海外でなされていて、日本国内ではなされていないとのこと。

日本の海岸線の長さは世界第6位。
暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかる絶好の漁場は世界でも類を見ない、水産物の宝庫だそうです。

ところが水揚げされる水産物ですが、たとえば秋鮭を冷凍したものを、中国に安価で売り、中国はサーモンフライにして欧米各国に高値で売るのですね。
日本で水揚げされたサバやサンマも、アフリカの発展途上国に信じられない安価で買いたたかれる、そんな現状があるというのです。


美山ビユーポイントへの道。間伐材がころがって、歩きにくい。登りはじめが4時半くらいで、山中は暗く、胸騒ぎがしたので引き返すことに。そしたら1分後 、相方の社長がリュックから落ちていたわたしのカメラを発見。半開きになってるとこから落ちたようです。「引き返す」と言わなかったらカメラも画像もなかったでしょう。撤退する勇気・・・。

 

それじゃ、なんで水揚げされた水産物が日本で加工できないのか?

国内の水産加工技術が海外に流出してしまっていることもあるのですが、その長い海岸線のほとんどは漁協が権利を持っていて、彼らが加工業者を入れさせないというのですね。

まあ、これこそ既得権益の良い例・・・と言いたいところですが、お金がからんでいるならまだしも、漁協のトップの多くが16歳くらいから漁に出て、50年がかりで今の地位を得たからそれを手放したくないというのが実際の理由なんだとか。

「オレが長年かかって築いてきた今の地位をどうしようっていうのか」

早く言えば、お山の大将でいたいわけで、それを侵す水産加工会社は入れるワケにいかないというわけです(噂によると、日本発祥で世界に広がった格闘技。あのオリンピック重要種目のあの世界も、同じお山の大将の世界とか。あくまで噂ですが)。


藍工房。京都市内から移り住んだアーチストのアトリエで 

既得権益というのもバカバカしい話ですが、漁協も農協も平均年齢は67歳とか70歳近く(平均ですからね、若い人も入れた平均よ)ですから、あと10年もすれば、お山の大将もそんな元気はなくなるでしょうけど、それを待っているのも得策ではないでしょう。

10年って、過ぎちゃえばすぐだけど、待つには長過ぎる時間だもんね。

 

で、こちらがあ@花さん編集の橋下氏の演説の文章。

こちらが橋下さん演説「映像」のダイジェスト
10分足らずにまとまっていて、なかなか面白いです。

ひとつ違うかなと思うのは、農協に所属してる農家ですが、彼らは既得権益を必ずしも享受してるわけじゃなく、農協以外に売りたいんだと思います。それができないのも既得権益ですね(まあ、時間の関係で、橋下さんですからそのくらいのことはわかって発言しているはずですが)。

筒井康隆の「農協、月に行く」とは、また違う、かわいげのない時代になってきたと思います。

補足 
講義を行った方から、以下を入れてくださいということです。お読みいただければ幸いです。
1.水産加工業は特に参入する事に障壁はありません。
2.漁業(養殖業も含む)は漁業権により守られていて一般企業が実質参入できません。
3.水産業 回復のためには漁業が回復しなければなりませんがそのためには下記が
 必要と考えます。

 マーケットの顕在・潜在しているマーケットのニーズウォンツの発掘     
  ↓
 上記を基にした製品の設計
  ↓
 上記を基にした水産加工の実施
  ↓
 上記と水産資源管理に基づく水産物原料の供給の仕方の設計
  ↓
 上記の要請による企業の積極的な参入を含む「経済的・効率的」な漁業の実施

参院選にのぞむ既得権益列島” への2件のコメント

  1. ほーら、自分のちっちゃい地位に拘泥して日本国の将来を犠牲にする。既得権守りたい人は立派な反日です。
    私は皇室と血がつながってるということを売り物にしているちっさい兄さんが(他に売るものないのかよ情けない男だねえ)
    TPPに加盟するとコシヒカリがアジアの金持ちに行ってしまい日本人が食べられなくなる、とツイしてたのを見かけ
    その性根の小ささにアタマがクラクラしたことがあります。
    私が農家ならコシヒカリバンバン作ってアジアの大金持ちに目の玉が飛び出るような値段で売りつけたいですな。もちろん自由貿易のもとでね。
    ていうか今やコシヒカリよりゆめぴりかの方が美味しいけど。

    あ、最後になりましたが橋下さんの動画リンクありがとうございます。
    面白いでしょ。特にワタミのとこプププ。

  2. あ@花さん、おはようございます!

    >ほーら、自分のちっちゃい地位に拘泥して日本国の将来を犠牲にする。>既得権守りたい人は立派な反日です。

    ほんとにおっしゃることの好例ですな。
    自分がこだわっていることが、人から見たら取るに足らないということに気づいてないのでしょう。

    ただ、世間で地位のある人の中に、そんなこだわりがある人が如何に多いかと思うことがあります。

    >皇室と血がつながってるということを売り物にしているちっさい兄さんが

    顔は浮かぶけど名前が出てこない。
    検索してもわかりません。
    誰やったかいな?

    >特にワタミのとこプププ。

    ここが見せ場ですな。
    馬脚をあらわしたというか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>