ああ、わしゃ今度は濃いお茶がこわい

通販でウーロン茶専用の水筒を買いました。

実は水筒はウーロン茶用2つ。通常のもの1つ持っていたのですが、ウーロン茶用は劣化していたのか、2つとも落とした時に立て続けに割れてしまいました。

もう1つの水筒は最近、飲むと妙な味がして、裏側をさわると何と「ぬめり」がある。

ウエッ!

入れていた麦茶のものでしょうか、これがハイターでも激落くんでも取れない。
飲めたものでないので廃棄にしました。

うちには台湾で買ってきたお茶がいっぱいあるのですが、本格的に淹れたウーロン茶は、それなりに美味しいのですが、けっこう手間なものであります。
底の茶漉しに熱湯を注げば飲めるこのウーロン茶用水筒は下手に道具を使って飲むより美味しく、しかも冷めてイケるなかなかのすぐれもの。

前のものはせっせとウーロン茶を消費するのに愛用していたのですが、やはり熱湯を入れると劣化が早くなるのでしょうか。
2つとも落とした時に破裂してしまいました。

と、ここまでお読みになった方の中には、わたくしが普段旨いものばかり食べてると誤解しているのと同様、お茶にも相当うるさいようだとお思いでしょうが、そうではありません。

じつはわたくし。

緑茶、ウーロン茶、紅茶と・・・どれも、元は同じツバキ科の植物である「茶」というものが、それほど得意ではありません。

わたしの父というのは大のお茶好きで、四六時中飲んでいたものですが、そういう人に限ってお茶なら何でも飲む。
まあ、酒飲みが酒なら何でも飲むのと同じリクツであります。

親父は出がらしだろうと何だろうと、お茶がないとダメな人だったのですが、わたしは出がらしの茶だったら、水か牛乳を飲む子供でした。

人間、執着のない食べ物や飲み物、あるいは嫌いなものだと、美味しくないと口にしないのですが、私の場合はまさにお茶がそうでありました。そのことに気づいたのが、実はここ1年くらいかな。

そんな意味で、先日に九州の顧客さまからいただいた八女茶は素晴らしいお味でした。

良い緑茶は葉っぱの段階で、色が濃く、針のようになっているといいますが、見た目からして言うことなし。食事にも甘味にも合う深い味わいのお茶であります。

九州は霧島茶といい、知覧茶といい、美味しいお茶処ではありますが、この八女茶は”やめちゃ”えないほどのお味でした・・・なんて、ウフッ♪

そういえば、先日赤坂しろたえでケーキと一緒にいただいたダージリン、オカイティ茶園の紅茶、洋菓子にはこれ!・・・というほどのピンポイントでした。

ああ、ケーキもこわいが、わしゃ今度は濃いお茶がこわい♪

鎌倉時代、栄西和尚が中国から喫茶を持ち込んだ時に、お茶は薬でしたが、やはり今でもお茶というのは高級品ですね。

良いお茶はガブガブ飲むものではないので、これから水分補給の必要な季節・・・わたしはもっぱら水とパックの麦茶ですが(旨い麦茶はまた別格だそうですが)、ここ数日はたまたま休肝日だったこともあり、お茶の味もひとしおでした。

ああ、わしゃ今度は濃いお茶がこわい” への2件のコメント

  1. おはようございます。

    >うちには台湾で買ってきたお茶がいっぱいあるのですが、

    町会内に台湾と貿易を小さくやっている御大がいまして、
    リーテンファイ(李登輝)とも会えるようなお方です。
    その大人が台湾の上層部からもらった烏龍茶をアッシがもらいました。
    (半ば引っ手繰ってきました???)
    別格でした。
    中国茶系は台湾でしょう。
    大陸にも在りましょうが。

    趣向品は高価格です。
    日常品とは別物ですねえ。
    オー、こわいこわい。

    因みに、アッシの友人が大の緑茶党で、四季を問わずガブガブ。
    或る日体調不良で診察したところ、お茶の飲み過ぎで胃液が薄まっていた、
    との診断でした。
    酷暑下の水分補給は、チビチビ、こまめに軟水が宜しいようです。
    一気飲みは、ビールも水も為りません!!!

  2. お頭さん、おはようございます!

    >別格でした。

    お茶の良いのは別格ですね。
    上を見ればキリがありませんが、やはり台湾茶はアベレージが高い。
    地形的にもスリランカと似ているのが興味深いところです。

    大陸茶にも、もちろん良い茶は多いですが、台湾の方がコンパクトなので探しやすいメリットはあると思います。

    >或る日体調不良で診察したところ、お茶の飲み過ぎで胃液が薄まって

    意外に胃にくるのが空腹で飲む安いお茶・・・だと思っていたけど、実はそういうこと?

    >酷暑下の水分補給は、チビチビ、こまめに軟水が宜しいようです。

    スポーツ飲料も取り過ぎはいけませんね。
    以前は真夏の稽古にポカリを欠かさなかったのですが、それでも糖分を取り過ぎな気がして、最近はもっぱらお茶か水です。
    500mlはどう考えても摂り過ぎ。

    稽古時には2ℓペットボトルを紙コップでみんなでシェアすることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>