”名誉健常者”という言葉


タイトルの”名誉健常者”というのは、一昨日ツイッターで見かけた言葉です。

どんな意味で使っているのか、情報が交錯していてよく理解できなかったのですが、
これはアパルトヘイト時代の南アフリカで、
日本人が”名誉白人”扱いをされていたことにかけた言葉ですね。
何にせよ、良くない言葉だと思いました。

”名誉白人”とは、白人至上主義の鼻持ちならない、日本人を侮辱した言葉でしたが、
この”名誉健常者”という言葉を、何のつもりで使っているのか。
健常者でない人をバカにしてるのでしょうか、
それとも親切のつもりでいるのでしょうか。

なんか障害者を無理やり健常者と同じステージに乗せて、
自分たちの平等を押し付けるのが、何とも居心地がわるい。
障害者の立場で、その言葉に喜ぶ人がいるのかどうか。

教育関係やメディアなどでは、「障害は個性だ」という考えがあるようですが、
それは、この名誉健常者という言葉に似てる気がします。

”障害は個性だ”という言葉の中には、
その人の障害について何も解決しなくて良い、
生まれつきなんだから、放置しておきなさいというニュアンスが、
口当たりの良い言葉のもとにあるように思えます。

「そのまんまの君でいいよ、そのままの君が素晴らしいんだ」

うーん。
そのまんまの人間、素のままの人間って、ケモノに近いと思います。
素のままだと人間はケモノになるから教育があるわけで、
教育関係の人が、そのことを推奨するのはどうかと思うのですが。

写真は旧岩崎邸の撞球場(ビリヤード場)です。
インド北部カシミール地方の木造に似てますが、
設計したジョサイア・コンドルが英国人だったことを考えると、
それを模したことも考えられなくもありません。
コンドルはインド渡航歴がないようではありますが。

”名誉健常者”という言葉” への7件のコメント

  1. 名誉ニンゲン
    >そのまんまの人間、素のままの人間って、ケモノに近いと思います。

    今朝のTVで、流し見したんですが、
    あれっ、なんだっけな、オランウータンの子?、
    授乳拒否?、子が飲みたがらない?
    でニンゲンが育てているのですが、
    自分をニンゲンと思い込むと後々大変、
    どうするか、って感じでした。
    どうしますか?

    動物園だから、見殺しには出来ないでしょうし、
    そのオランウータンが死ぬまで介護するのも、
    営業収支的に負担が過ぎる?
    自然の摂理に任せるのが良いんだけれど、
    名誉ニンゲン主義者が五月蝿いんだろうなあ。

    で、どうします?

  2. 親は先に死ぬ
    ホントはアッシなんかが知ってちゃいけないんですが、
    個人情報、港区内の人たち、
    そして多分世界中に共通、宗教も超えて、
    不具(敢えて言いますぜ)で生まれてきた子を持つ親の心配、
    聴いちゃったんですねー(村上風に)。
    親は先に死ぬんです。
    でも、その子が産まれたときは、分からなかったかも知れないし、
    不憫に思って、情に流されて、
    自分が先に死ぬとこまで考えられなかった。
    昔は長老が間引いてたけれど。

    分かるけれど、どうしますか?

    我々がジャンジャン働いて、どんどん税金払って、
    或いは寄付して、
    間接直接、助けますか?
    アッシには無理、稼ぎも残り時間も無い。

    で、どうしますか?

  3. 名誉男性
    女は、社会で成功して幸せそうにしていると「名誉男性」なんて呼ばれますねー。
    そう呼ぶのは、左寄りのフェミニスト。
    女を分断するだけで、益の無い言葉だと思うのですが。

  4. 人間になるには
    画伯こんにちは

    「素のまんまだと人間はケモノになるから教育がある」
    画伯の言葉で思い出したのですが、学生のとき、教育学の先生も言われてた言葉ですね・・・。
    そのとき、学生達に是非読んで欲しいと毎年勧めていた本が2冊ありました。
    狼に育てられた子の「カマラとアマラ」。牢獄に閉じ込められて育った「カスパー・ハウザー」でした。

    内容を明確には覚えていませんが、これらの本の子供達は悲惨な目に遭い、あってはならないものでしたが、人間の脳の可能性も凄く感じました。
    「人間の脳は未発達のまま生まれる。人間は人間として生まれながら、人間ではない。人間社会で育てられて初めて人間になる。」
    こんなことを、その先生は言われてたような記憶があります。

    そして、周りの人間によって可能性も変わってくるってことですかね。。。

  5. Unknown
    お頭さん、おはようございます!

    飼われている犬は自分のことを人間だと思ってるそうですから、
    「名誉人間」でしょうか?
    飼い主でそういうこと言う人、少ないと思いますが。

    いや~、親は先に死ぬって身近にある問題です。
    私も近しい人にいますから、よくわかります。
    この問題、聞かれると困るなあ~。
    すみませんが、先延ばしってことで今回はご容赦くださいませ。

  6. 男まさり
    zoomaniaさん、おはようございます!

    め、め、名誉男性!?
    なんですか、そりゃ?

    フェミニストは女性に評判良くないですね。
    特に仕事を持ってる人には疎まれる言葉みたいです。
    そういえば最近、あまり使いませんが
    「男まさり」なんて言葉もありますね。

    男が弱くなったから、意味がなくなったのかな。

  7. 人間とは
    いっちゃん、おはようございます!

    脳外科の話だと、脳外科手術で腫瘍を除去する際は、
    どこの範囲かほんとうはわからずに切るみたいですね。

    一見、キケンな感じがしますが、
    これは脳がプレーンなハードディスク状態に近いことを示してるのだと思います。
    ある程度、除去してもほかの部分がフォローしてくれるのでしょう。

    人格も同様で、人間の脳もはじめはプレーンな初期化状態なんだと思います。
    そこにさまざまな情報(教育)を加えて人間たらしめるというわけですね。
    まさにその先生の言われる
    「人間は、人間社会で育てられて初めて人間になる」ということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>