インドのアチャールくん 血の女神(つづき2)

昨日の橋下発言に関する記事・・・そこそこアクセスが集まりましたので、続きを書きたいところですが、それは後日ということで。

本日は前回公開した「インドのアチャールくん 血の女神」の続きをUPいたします。

こちらが前回までの物語 →

こちらがその続き、2回目の配信です →

拙著「インドのアチャールくん」をお読みになった方は、見覚えのある展開だと思われるかもしれません。バプー博士が助手のチャンドラをスケープゴートにする場面は、インドのアチャールくん冒頭のエピソードと同じです。

ただ、この場面は、最初にKKベストセラーズから出版されたアチャールくん「インドの教え」にはなく、2007年に情報センター出版局より再度上梓されるに当たって描き加えたもので、元ネタはインドの水産会社であった実話をもとにしています。

「インドのアチャールくん 血の女神」を描いたのが2005年前後ですから、まだ現在上梓されてるアチャールくんが出る前だったのですね。

まだ物語ははじまったばかり。

では、どうぞ拙作の続きをお楽しみくださいませ!こちらは東麻布インド料理の名店、スーリアの品々です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>