龍馬伝の指揮者・広上淳一


昨日、龍馬伝を見ていたらタイトルに音楽指揮・広上淳一とクレジットされてました。
ドラマも面白いですが、久石譲の音楽も素晴らしい。
その演奏が広上淳一というのですから、NHKの人選もさすがです。
大地が鳴動するような彼のスケールの大きな演奏は、
貧弱なわが家のテレビの音響機器を通じても伝わってきました。
こういう、あまり表面に出ないところに魅力があるというのも、
ドラマの人気につながってくるのでしょうね。

香川照之の岩崎弥太郎は色々なところで注目されていて、言うに及ばずですね。
本人は父の猿之助とは、あまり接した記憶がないそうで、
役者という職業も消去法でなったそうですが、
良い意味でケレン味たっぷりの演技は、市川猿之助の早変わりを思いださせます。
そう言われるのは本人としては不本意か・・・
でも、役者としてあそこまで到達すれば、あまり関係ないでしょうね。
わが家では土佐弁で岩崎弥太郎のマネをするのが流行っています。

龍馬役の福山雅治も、ラジオのDJなどではあまり好きでなかった人ですが、
二枚目役がそんなにイヤミでなく、なかなか良い感じです。
当方、坂本龍馬に思い入れがないせいか、福山龍馬が好きになりつつあります。

ただ加尾役の広末涼子がつまらないなあ。
ドラマには主人公に惚れる相手役がつきものですが、
こういう役の多い女優は如何なものか。
役者は一にガラ、二にカン、三に慣れと言いますが、
加尾役は何だかガラだけで出来る役に見えてしまいます。
そんな意味で、この人と小雪は双璧だと思う。
先日「不毛地帯」や「おくりびと」を見ながら、そんなことを感じてしまいました。
ただ、見てるうちに慣れてきて気にならなくなるのは不思議。
それも芸のうちかな?

写真は赤坂・揚州商人の揚州濃厚塩ラーメンと餃子。
餃子は携帯のメルマガによる100円クーポンによるもの。
メルマガに2番人気と書いてあったので、ついつい乗せられてしまったが・・・まあまあかな。
この年になると、濃厚すぎると腹が減らないのが嬉しくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>