石神井公園~蒼穹の昴


正月二日も毎年恒例、家内の実家に立ち寄りました。
私たちが来るのを楽しみにしてくれてるのでしょう、
義母の立てたスケジュールはけっこう盛りだくさんです。

まず回転寿司屋の銚子丸大泉学園店で義兄一家と食事をし、
すぐに隣接する食品スーパーとホームセンターを併設したスーパーバリューでお買い物。
そのあとは陽の落ちる前までにバカ犬ビンゴに散歩をさせなきゃイカンと、
電光石火で石神井の家に戻ります。
3歳の誕生日を迎えたビンゴはだいぶ落ち着いてきましたが、
相変わらず人に飛びつこうとしたり、
石やウンコを食べようとしたりと、いっこうにお利口になる気配がありません。
姪っ子と縄跳びの練習をすれば、自分も入れろと吠えまくるし、やっぱり世話の焼ける子です。

家に戻ってからも、休む間もなくおせちをいただき、
そのあとは百人一首に興じるというハードスケジュール。
私たちが予定より1時間遅れて行ったため、
目一杯だったスケジュールはさらに分刻みになりました。
自分の親でないから、まさか「ひとつくらい削りましょうよ」とは言えませんしね~。
義兄はさすがに自分の親なんで、言いたいことをポンポン言っていたようで、
駐車場の止め方をめぐって、親子で激しいバトルをしていたようでありました。
私も実家に車があった時は、運転すると母と激しく言い合ったものですが、
親子って遠慮がないせいか、つまらないことでケンカがはじまってしまうみたいです。

この日の夜は浅田次郎原作「蒼穹の昴(そうきゅうのすばる)」の第1回。
10:00pmのオンエアに間に合うよう、楽しみにしていたのですが、
「坂の上の雲」みたいなわけにはいかなかったようです。
いきなり春児と梁文秀が宮中に入ったところからはじまるのもびっくり。
原作の最初の4分の1くらいが丸々すっぽ抜けていて、
全25回の長尺だけど、なんとなく駆け足で演出している感じです。
でも、いちおうおつきあいするつもりではありますが。

写真はホームセンターで購入したテーブルクロスのビニールシート。
テーブルクロスは秋に海南島で入手したパラオです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>