長すぎる不燃ゴミの休日


昨日はPHPさんで出す動物本のマンガ&イラストの残りをほぼアップしました。
もうフリーランスになって長くなりますが、カットの仕事は2~3回やった程度で、
依頼される仕事は分量の多いものばかりです。
(まあ、私の絵はカット向きじゃないからいいんですが)。
好きな仕事なのでまったく苦にはなりませんが、
分量が多いと、仕事を終えたあとはやや脱力感が残ります。
個展が重なっていたこともあって、今日はどうにも仕事モードにならない。
イラストもあと少し残ってはいるのですが、どうも気がのりません。

そこで散らかった部屋を片づけ、お掃除を開始。
たまったゴミを捨てにマンションのゴミ置き場に行こうとすると、
おや? ゴミの収集日の掲示板が。
年末年始の最終日と開始日を見てみると・・・何じゃこりゃ!?

写真を見てください。
不燃ゴミの最終日は12月18日。開始日は1月15日とあるではありませんか!
何で1ヶ月も開いているんだと、管理人さんに聞いてみると、
今年は収集日である第一金曜が元旦なので、
15日が不燃ゴミ収集の開始日になるんだそうです。
お役所仕事とは言いますが、まったく市民の都合を考えないんですね。
最終日が12月18日という、市民がまだ大掃除できない時期というのも気にくわない。

ナポリのゴミ問題みたいにカモッラ(マフィア)が絡んでいるわけでもあるまいし、
これは港区のどなたかに言おうと思います。
こんなことやったら、必ず可燃ゴミの日に不燃ゴミを出す人が出てきますからね。
まあ、言って何か変わるわけでもないだろうけど。

長すぎる不燃ゴミの休日” への2件のコメント

  1. 同じく・・・
    こんちにちわ、僕も
    >仕事を終えたあとはやや脱力感が残ります。
    全く同じで設計した建物が完成し「しゅん功」を迎えて引き渡すと同じような脱力感が出ます。脱力感は出るのだけど、建物の弱点を知ってますので使われていく今後何十年も心配の種はつきません。

    東京都の清掃も組織を変えてしまったので、ごみ収集と運搬は委託業者がやってますよね。つい最近、わがほうは、ごみ出し位置で従前の位置にあった方から神経質で理屈の通らない感情的な小うるさい事を言われましてね、目黒の清掃担当部署に出向いて協議させてもらった結果、我が家の前に位置移動をさせていただきました。(二軒一ヶ所)

    港区は港南に大きな清掃工場を持ってますね。

  2. そうですね
    設計でもそうだと思いますが、
    仕事がひとつ片づくって小さな失業ですからね。
    それも脱力感のひとつだと思います。

    crewcutさんのブログで、
    ゴミに怒ってる変な文章読みました。
    自分で撤去したのは、
    やはり自分の文章が恥ずかしいと思ったんでしょうね。

    ところでよろしければcrewcutさんのブログ、
    足跡残していただけますか?
    ジムを退会したの、知らない人が多くさびしがってましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>