総持寺・会長の墓参り~鶴見・翠華楼


昨日は私の恩人、ジーイー企画センター会長、故・伊藤友雄氏の墓参りに行く。
辞めた人が集まってその会社の墓参りなんて、あまり世間に例がなさそうだが、
会長の人徳に加えて、現社長のめんどう見が良いことがあるだろう。
メンバーはジーイー企画センター現社長が音頭をとって、OB&OG6人が集まる。
総持寺は周知の通り曹洞宗の総本山で、境内もだだっ広い。
遺族の方が墓参りをすると聞いて、墓の木を刈り込んだため、
墓の場所がわからず20分ほど墓地の中をウロウロする。

墓参のあとは、毎回恒例の鶴見駅前の中華店・翠華楼(すいかろう)でお清め。
ここはマスコミにも露出することが少なく、総持寺ご用達みたいな古~い中華料理屋なのだが、
食べると意外に美味しい穴場的なお店。
味のタイプはまったく今風ではないのだが、昔の美味しい中華屋さんといった面持ちだ。
3時間ほど昔話に花が咲き、解散。
季節はずれの墓参り、どうして行うことになったかというと、
先日、私の夢枕に会長が現れ、説教されたのがきっかけ。
起きてみて、何を説教されたのか中身はまったく覚えておらず、
はて・・・思い当たるフシはないかと考えてみても、あまりに多すぎて見当もつかない。
その話を社長にしたら、別のOBも夢枕に会長が出てきたそうだから、
いっそ久々に墓参をしようじゃないかという話に相成ったわけ。

伊藤友雄会長は、先日亡くなった私の父の教え子だ(教え子といっても年齢差は4つ)。
その関係で、インドをウロついて帰ってきた私を拾って、
生意気で大酒飲みの私を育ててくれたわけだが、
いやはや、あの説教の内容が何だったのか・・・
墓参りをしたあとも、まったくもって思いだせないのが残念な話である。

写真は同じ総持寺にある石原裕次郎のお墓です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>