父、入院決まる


ベッドが空いているかどうかわからなかったが、
親爺が無事、いつのも慈恵医大病院に入院する。
「無事、入院」というのも妙な話だが、実際のベッドの空き状況を考えると、
そうとしか言いようがない。
今回の入院は、高額の個室(2万~20万)の場合だったら、
慈恵の分院か他の病院の4人部屋でお願いしようと決めていた。
なんせ、一度入院すると長いからね。
最初の頃は、ずっと個室なんて時もあったけど、
そんなことをすると、お金が羽を生えて飛んでいく。
これから何度あるかわからないのだから、
ここ何年かは4人部屋、6人部屋でお願いしているというわけだ。
それだって、慈恵の分院や他の病院の4人ベッドが空いてるかどうかもわからない。
いや、高齢者医療の問題が、ここまで自分たちの身にふりかかるとは、
ちょっと前までは考えもしなかった。
15年前、実家の建て直しがあった時に、玄関やトイレについた手すりを見て
「こんなものを使う日がくるのか?」なんて、おぼろげに思ったものだが、
来る時はあっという間に来るものだ。
人間、目の前にこないと、何でも実感しないものですな~。

写真はバリ・ウブドのホテルにて。
いや~、たった2ヶ月前だけど、あの頃は良かった。

父、入院決まる” への2件のコメント

  1. 私たちも…
    そう遠くない現実ですね。
    私の場合は
    入院となると
    今のところ 自分ですべてなんとかせねばならんです
    まったくの他人さまに
    ものすご~くご迷惑をおかけすることになりますが
    それよりなにより
    入院する力がない(経済的にも肉体的にも)
    って~ことが 起こるのよね~
    あぁ~ 老後が不安ですわ~
    今は 平和ですわ~

  2. みな一緒ですわ
    こんにちは、かよままさん
    いや~、それは誰でもアタマを抱える話ですね。
    かりに結婚して子供がいようと、
    世話してもらえるかはわかりませんしね。
    まあ、お互いこれから人生ひと波乱もふた波乱もあることでしょう。
    面白いと感じるか、大変と感じるかは、
    人それぞれですが・・・まあ両方だな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>