父、7ヶ月ぶりの入院

飛び回って忙しかった昨日、夕方6:30くらいに実家から電話があり、
親爺がまた熱を出したとのこと。
ずっと37.4~5度の微熱は続いていたのだが、
昨日になって突然高熱が出たらしい。
”飲むヨーグルト”を飲ませて水分を摂らせたり、何とか家で見ようとしたが、
39.2度の熱で救急車を呼び、弟と一緒に慈恵に向かう。
いつもは母と一緒に行くのだが、家で大事をとってもらうことにする。
慈恵の救急科では、ベッドが空いて入院できるかわからないが、
とにかく診察はしてくれるとのこと。
救急車に乗るのは久々。
なぜか救急車から見る外の景色はいつもと違う。
医師の話では、血液が炎症反応を起こしているので、すぐに入院が必要とのこと。
慈恵に入れるかわからないが、ともかくも診てくれるので親爺をお願いする。
ベッドが空けば良いのだが・・・。
7:30くらいに救急車が来て、家に帰ったのは1:00近く。
いや、けっこう大変でしたが、まあ親爺は今度も大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>