尖閣購入は、こうにゅうことか

なんて、不謹慎にもタイトルからダジャレで行きましたが、
その前に、今日のおさかな祭りはこれ。

かなこさんのクリオネ

怒ってるクリオネははじめて見ました(驚)。
昔からよく知ってる方ですが、この人の絵ははじめて見たかも。でも、イメージと同じで、 ああ、これはかなこさんだなという感じですが、怒りで脳の血管が切れないでほしいクリオネです。

で、今日はかなこさんが、このクリオネの顔になりそうな話題です。

石原都知事の尖閣購入。

これはもちろん、よくやってくれたという感じかな。

領土問題というのは国際法を云々言っったところで、北方領土を見ればわかるように所詮、既成事実を作った方の勝ちです。今から北方領土の民間人を追い出すことはできません。

何らかの手を打たなければ、尖閣諸島は中国が勝手に既成事実を作るのは(もう作りはじめてますが)火を見るより明らかなことです。

Natsu no osakanaさんのメタボな夏のおさかな

知事の行った独断や手続きの踏み方は、それは色々問題はあるでしょうけど、このままでは中国に占有されてしまうから、こういう手段に出たわけでねえ。

よくわからないのが、お役所やマスコミの反応でして、「都の税金はもっと他のことに使うべきだ」とか「中国と事を構えることになるのは如何なものか」という意見です。

「都の税金はもっと他のことに使うべきだ」

これはいかにも正論ですが、いかにもお役所の意見ですね。都は(知事は)もちろん管轄外のことを独断でしたわけですが、今という機を逃がしたら次はないという、非常事態の考えとして尖閣購入を打ち出したのでしょう。

もちろん、今はその時期でないという意見はあるでしょうけど、その時期の判断はアナタが言うことではありませんよということです。

三国志の司馬懿仲達が砦を攻める時に、「帝の許可を得てから」という部下に、「そんなことをして10日も失う間に機を失う」といった話がありますが、時にはそんな判断も必要でしょう。
ただし失敗した時に責めは追うべきうではありますが。

アンジェリークさんのおさかな

 

「中国と事を構えることになるのは如何なものか」

この意見は論外です。
領土問題=事を構えることだからです。

事を構えることを避けて領土問題は解決しません。ただ、事を構えることの最終手段は戦争ですから、それだけは何として避けたいところです。

ただ、戦争になるのがイヤだから領土なんかそっくり渡してしまおうという考えは、日本全体が占領されても構わない言っているのに、等しいよなあ。

自分は地球市民だから、それでも良いという方には反論されそうですが。

 

そんな街の声を流していたニュースにちょっとムッと来た今日の朝でした。
ほんと、いったいどこの国のニュースなんだよって感じでしたね。

 

こちらは「エビ太郎の部屋」。
ブログにUPははじめてです。お楽しみくださいませ。 

 


尖閣購入は、こうにゅうことか” への16件のコメント

  1. 石原さんの行動には本当に僕は感謝しています。
    領土問題って、拉致問題と一緒で、自分の子供が奪われるかもしれないっていう危機感を僕は感じてるんですよ。
    本気で危機感を持ってない評論家などにはちょっとイライラしています。

  2. マスオさん、こんにちわ。

    本題は別欄で言っちゃったので、また脱線ばかり。

    >ほんと、いったいどこの国のニュースなんだよって感じでしたね。

    毎度ですが、成りすまし、本気じゃない帰化人が入り込んでますから。
    だって、某キー局は、そういう人事枠が有るんだもん。

    で、トンデモ発言します。
    京都の事件、日本人なんですか?
    という、噂、流言飛語であります。

    アッシの人格が問われますが、(粗にして卑なんですけど)
    何か事件が起こったら、何人が起こしたのか?、
    という回路を少しだけ立ち上げちゃいまんねん。

  3. 決まり文句を聞いちゃいました。
    「中国、韓国、北朝鮮の厭がる事は、大体正しい。」

  4. ようやく「おさかな」デビュー。
    嬉しいです。
    クリオネさんは怒っているわけではなく、「キリッ」状態のつもりで描いたのですが
    あはは、怒ってますね~。
    でも「おえかき広場」、扱うのは難しかったです。

    石原閣下、確信犯ですね~。
    面倒だからアメリカでの発言。うまいです。
    「領土問題の存在自体、あったかのように扱うのは日本としては問題」という意見もあるでしょうが(そもそも日本固有の領土だから)、
    下手に出ても刺激しないようにしても、中国の態度は変わらないでしょうから
    また、「尖閣の国有化も選択肢の一つ」という首相の発言も言質取れましたから、やってみるもんだと思います。

    おそらく外交戦術的には微妙なパワーバランスをわざわざ崩すし
    今後の日本政府の確固たる見通しもなさそうでアレですけど
    (この件はアメリカは知らんぷりのようですし)
    膠着状態がこういう形で動き始めるかも…でして、歴史の流れって面白いなあ…と思う次第です。

  5. わらべさん、おはようございます!

    >領土問題って、拉致問題と一緒で

    自国民を守る、領土を守る。
    たしかに同じ問題ですね。

    そもそもわが国固有の領土なのは明白なのに、なぜ政府は弱腰になる?

    事を構える覚悟のない人が政治をする資格はありません。
    ひとたび有事があった時に、「日本を脱出する」なんて地球市民の政治家がいてはならないと思うのですが如何なものでしょう。

  6. お頭さん、おはようございます!

    >本題は別欄で言っちゃったので、また脱線ばかり。

    いちおう管理人は把握してますので、ご随意にお書きくださいませ。

    で、こちらも本題と違う祇園の話でお答えしますが、加害者の出自がどうかはここで確かめようがないので触れませんが、まずてんかんが原因の事件ではないということがひとつ。

    てんかんが原因の事故ではないが、再三に亘って運転をしないよう警告されても止めなかった点は、人格的に問題あり(大人しい良い人だったという周りの声は一切無視して構わないでしょう)。

    さらにてんかんが原因ではないのに、てんかんが原因のように言って責任を逃れようとする家族も問題あり。
    7人もの人が理不尽に命を奪われていて、責任逃れはないだろうということですね。

    加害者は生かしておいて然るべき手続きを踏ませるべきだったのですが、早々死んでしまったことが残念です。

  7. >「中国、韓国、北朝鮮の厭がる事は、大体正しい。」

    太田同感です。

  8. かなこさん、おはようございます!

    >クリオネさんは怒っているわけではなく、「キリッ」状態のつもりで描いたのですが

    つい地が出たわけですな(笑)。

    >下手に出ても刺激しないようにしても、中国の態度は変わらないでしょうから

    おお! 言い得て妙ですな。
    むしろ下手に出るとカサにかかって高圧的に出るのが彼の国です。

    友人の占星術師の話では、すでに中国の実体はないそうなので、もしかしてわたしたちが生きてる間に、彼の国が旧ソビエトと同じ道をたどれば領土問題は意味がなくなるかもしれません。
    ただ、反対に専門家の予想通り、経済力、軍事力ともに米国と逆転する場合もありえますから、早めに手を打っておかないといけないでしょう。

    サヨクに言わせると、日本はアジアできらわれていると言いますが、実は半島と大陸3国以外はアジアで期待をされていて、フィリピン、ベトナム、インドのように領土問題で軋轢を起こしてる国々は、心強い味方であります。

    けど、なんでその国々の期待を裏切るの? っていうのが現政権ですな。

    このあたりを次回、考えていきたいと思います。

  9. 受け売りですが、
    中国共産党はこの島の買収額を350億円と提示したそうです。
    あの辺の地下(海底)資源は300兆円だそうですから、
    随分と見縊(くび)ってくれますね。
    金額ではなく、日本人として所有者は断った、と。
    この辺が慎ちゃんと息が合う、ってことですか。
    (アッシだったら、3兆円で売っちゃうな???)

    そして、ことは重慶の有事(?)に繋がります。
    http://www.boxun.com/news/gb/china/2012/04/201204140652.shtml
    (スゲー画像が在りますので、覚悟の上ご高覧下さい。)
    (然し、彼の国も変わってきたなあ、
    こんなの取り締まれなくなったんだモンなあ。)
    日本のメディアは、良く言えば他人ん家の恥は見ない振り、
    実は腰抜け(?)なので日本では報道してません。
    この上海閥(江沢民)vs北京閥(胡錦濤)の抗争を内戦にさせない為にも、
    外に向けて鬱憤を晴らす、ガス抜き、との為に、
    胡錦濤は日本に向けて強面外交を仕掛けてきます。
    尖閣はそのカードの一枚です。
    ドジョウさん、マキ子の旦那、覚悟はいいね?

  10. お頭さん、おはようございます!

    >金額ではなく、日本人として所有者は断った、と。

    なんだ、それじゃ土地所有者として認めているという意味ですわね。
    語るに落ちたとはこのことでしょうか。

    >そして、ことは重慶の有事(?)に繋がります。

    ああ。
    また何とかの一つ覚えみたいなガス抜きですか。

    余談におつきあいすると、重慶のスキャンダルはとんでもないですな。
    どうも彼の国は、頂点になるのは天命だと思っているのか、
    何をやっても構わないと思ってるところがありますな。

    天網恢々疎にして漏らさず、
    ただ、変わりになって現れる権力者があまり変わらないというのは如何なものか。

    それにしても日本のメディアも外交もへっぴり腰ですね。
    ちょっとイラつきます。

  11. >なんだ、それじゃ土地所有者として認めているという意味ですわね。
    >語るに落ちたとはこのことでしょうか。

    ですねー、中国が350億円で買いに来たということは、
    然も、中国人だと正々堂々と名乗ってるんですから、
    尖閣諸島を日本の領土と認めているということです。
    中国固有の領土なら、あの国は土地の私有権は無いのですから、
    住民なんか脅して叩きだせる訳です。

    この件で息子が大陸訪問をやめましたが、パパに救われましたね。
    日本人政治家(屋?)に対する、ハニートラップは勿論、
    大饗宴など籠絡費用は最低でも1億円と言われています。
    実弾(紙だけとは限りません、重い物も)も勿論でしょう。
    これを食らうと、誰でも、中国に対する批判の矛先が丸まります。
    B作がどうなろうと、まあ、関係ないんですが。

  12. お頭さん、おはようございます!

    >中国固有の領土なら、あの国は土地の私有権は無いのですから、
    >住民なんか脅して叩きだせる訳です。

    お見事な論理でございます。
    語るに落ちたではありませんが、日本の領土だとあちらが認めてるということですね。

    >これを食らうと、誰でも、中国に対する批判の矛先が丸まります。

    こちら、以前ご紹介した占星術師nicoさんのブログに、田中角栄元総理の対中国の話が出ています。
    http://nicosmic21.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

    角栄をどう評価するかは別にして、非凡な政治家だったことが伺えますね。実弾はくらったのでしょうが、角栄氏は働いたと思います。

    お頭さんのお考えは如何に?

  13. マスオさん、オッハーの御意でございます。

    >角栄をどう評価するかは別にして、非凡な政治家だったことが伺えますね。
    >実弾はくらったのでしょうが、角栄氏は働いたと思います。

    角さんは、米中露を結果的に敵に回した感じですか。
    よくも悪しくも、日本の主権、真の独立を目指しましたね。
    だから、どっかから潰されたんですかね?
    皆さん、日本が独り立ちするのを快く思わないんですね。
    角さんは清濁併せ呑んでいたんですが、毒の方が強かった。
    周囲にもう少しだけ、解毒係が居たればなあ...。
    世界の毒には、毒を持って制さないと。
    居ないなあ、本物の毒を持ってる政治家、States Man。

  14. 南シナ海、波高し。
    以下聞きかじり。
    第7艦隊と中国+ロシアの艦隊が対峙。
    何故かジョージワシントン(空母)が居ない。
    フィリピン海軍もチョロチョロしてる。
    今日は赤い海軍の演習日でしたっけ?
    ニュースでやるかな?

  15. お頭さん、おはようございます!

    >よくも悪しくも、日本の主権、真の独立を目指しましたね。

    ロッキードでやられちゃいましたが、今の時代のようにネットで別情報が取れる時代でしたら、潰されなかったと思えます。

    日本も景気が良かったから、実際に実弾をバンバン使っていたとか、日本列島改造論で日本中を同じようにしちゃったとか、功罪の罪の部分もいっぱいありましたが、日本の独立を目指したという意味においては不世出の政治家でした。

    小室直樹先生も、角さんが生きていれば、といったご著書を残しておりますが、そういう面は多々ありますね。

    で、今国会で取りざたされているのは娘婿?

    夫婦ともども質はだいぶ落ちますねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>