涵梅舫~ヨンさまの店


写真は白金にできたヨンさまの店。何か月待ちだそうで、前を通っただけです。→
昨日は久々に嫁と一緒に近所にある北京料理の店、涵梅舫(かんめいほう)で食事をする。北京の宮廷料理とのふれこみ文句だが、看板に偽りなし。
年に2回ほど満漢全席を行うほどの店で、小泉総理も何度か来ているそうだが、普通に食べる分にはさほど高くはない。一皿が1000~3000円くらいの感じなので、普通の中華料理屋とあまり変わらないが、味はまさに絶品!
特におすすめは、鶏肉と松の実のレタス包み。細かく切った鶏肉と松の実、ピーマンなどがピーナッツ油(多分)で味付けされており、レタスにきれいにのせられている。
ここの料理の特徴は、塩味のあっさり味料理と、こってりと煮込んだ味の両方があること。麻婆豆腐なんかは後者の方で、合わせてとると飽きがこない。すばらしいかったのが、塩味の海鮮ラーメン。ダシの取り方といい、味付けといい、行列のできるラーメン店など、足下にもおよばない。知らないと絶対迷う店ですが、ぜひ一度ご賞味あれ!

涵梅舫~ヨンさまの店” への8件のコメント

  1. 4様
    ヨンさまのお店があるんですか?
    みんなメガネかけて出てきて、にこ~っとほほ笑むんですかねぇ?
    気持ち悪~

    小暮さんの紹介する店って、本当においしそう。
    自分、ピーナッツアレルギーがあるので、中華料理は苦手ですが、ラーメン美味そうですね。
    塩味のあっさり味の料理、食べてみたいなぁ(じゅるじゅる)

  2. ヨンさま嫌い??
    ヨンさまのお店は予約が6000件もあって、10月までいっぱいだそうです。韓国の宮廷料理で、かなり高いんだとか。
    察するにちゅん平さんは、ヨンさま嫌いなのかな??

  3. う~ん。
    そんなに予約待ち?!

    私は若干「嫌韓流」かもしれんです。
    ていうか、ヨンさまに群がるおばさん軍団に引いちゃったんですよね~。
    出てくる俳優、みんな人気が出るし。
    韓国人なら誰でもいいのか、って思ってしまいます。

    あと、ヨンさま、出てきたときから思っていたんですが、「笑顔、怖い
    あんた、引きつってるじゃんと思いましたよ、自閉っ子なんで。
    なんか、京本正樹を見たときの反応に近かったです。

    小暮さんは「チャングム」をみているんですよね?
    あ、かろうじて好きな俳優は、クゥオン・サンウ。
    ユースケ・サンタマリアに似ているからでーす

  4. お見立てから察すると
    なるほど。
    自閉っ子のちゅん平さんのお見立てからすると、ヨンさまは、そうなのかもしれませんね。
    男性の私から見ると、ヨンさまの笑顔がコワいというのは、ピンとこないところがありますが、女性で言うと紀子さまの笑顔はコワいですな。あれは宣戦布告の笑顔ですわん

  5. あ~。
    結婚する前は可愛い方でしたよね。
    なんか、皇族に入ると、みんな、顔つき変わるというか。
    三白眼になりますよね。
    いつも、見下ろしてる顔つき、目つきになるっていったらいいのかな・・・。

    ちなみに、某女性誌のアンケートによると、三白眼の男は、知的でクールに見えるらしいです。
    それで、大沢たかおが一位になっとりました。
    え~

  6. 嫁は
    大沢たかおのファンで、私も彼の主演映画はずいぶんつき合わされました。
    嫁は坂口憲じとか、背が高くスタイルの良い男のファンで、私が「それでオレと結婚したんだ」というと、バカにしたような顔をします。
    (嫁に脚の長さを「オマケ」と言われた亭主でした)

  7. 母も
    大沢たかおのファンなんですよ。
    どこがいいんだろう。
    幸薄そうな顔ですよね。

    あんな鉛筆書きみたいな顔が意外ともてるんですよね。
    私は苦手です。
    ちゅん平は、トータス松本とか、岸谷五郎みたいな顔が好きです。
    お尻が大きくて、野生的な人がいいですね~

  8. ぬるほど
    人の好みはいろいろですな~。
    ちなみにイランにいくと、女性はペラペラな薄い顔がモテるんだそうです。あちらにいない顔がもてはやされるってことなんでしょうか。
    もっとも世の中には瓜二つカップルなんてありますから、何ともいえませんよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>