大阪地震のインフラで思うこと

昨日の大阪地震ですが、友だちや知り合いの安全がSNSなどで確認できた一方で、給水している人たちを見て、今年のはじめにうちのマンションが断水になったことを思い出しました。

うちのマンションは運良くほんの1時間ほどで復旧しましたが、その僅かな間でも元通りになるのがいつになるか、あれこれ考えたほどですから、被災者になった人たちの不安たるやいかばかりでしょう。

町づくりは治水からはじまると言っても過言ではなく、飲料水、トイレ、風呂、洗濯など、今では当たり前にあるものがないというのは、実に不自由なものです。

気象庁ではここ2〜3日は注意するようにと言っているようですが、千葉、群馬、大阪で地震が発生しているだけに、大阪の余震ばかりでなく、東京も強い揺れが来るかもしれません。

うちのマンションなど古いから、震度6弱の地震が来たら建物は大丈夫でも、劣化した上下水道は危ないかもしれないな……。とはいえ気をつけると言っても限界がありますので、せめて普通通りの生活を淡々と送るばかりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>