エクシブ箱根離宮のシノワ・キュイジーヌ翠陽

↑ こちらはエクシブ箱根離宮のシノワ・キュイジーヌ翠陽で頂いた「ふかひれ姿の芥藍菜の上海風煮込み、生湯葉添え」ですが、なんと、お品書きには書いてないトリフィが添えてありました。びっくり、びっくり、素晴らしい一皿でした!

家内が誕生日祝いということで、箱根の湯に一泊をプレゼントしてくれました。
ありがたや、ありがたや♡

ここの中華は評価が高かったのですが、フカヒレにトリフィという、言葉はわるいけど外道の極みみたいな、ひとつ間違えると下品なだけの成金料理になるものが、なんと素敵なマッチング。
考えてみれば、フカヒレはもともと無味無臭ですから、何と合わせても良いはずですが、口内調味がピッタリの組み合わせでした。

↑ 最初の一皿はこちら、「小田原漁港から届いた魚と彩り前菜組み合わせ」 。

老酒漬けの海老、蟹の豆乳和え、カラスミと白菜の和え物など・・。

 ↑ こちらは「スルメ烏賊のしゃぶしゃぶ火鍋仕立て」。

クレソンが下にあり、先にクレソンから入れてイカは軽くしゃぶしゃぶするだけ。よだれ鶏のソースと醤油で頂きます。

 こちらは「蝦夷鮑(えぞあわび)と肝ソースをからめ娃娃菜(わわさい)、干し貝柱ソース絡め」。

まわりは百合根と、赤いのは枸杞の美でしょうか。


↑ 写真はボケてますが、北京ダック。
うっかり本体を消してしまいましたが、北京で頂くより美味しい♪


↑ 伊勢エビのチリソース。
伊勢エビに四川風の味付けとはびっくりですが、これが合うこと!
添えられた揚げパンがまたベストマッチでした♪


↑ 神奈川県産黒毛和牛ヒレとフォアグラのグリル。黒酢を効かせたフォアグラムースで。

和牛にフォアグラという組み合わせも何とも外道な感じですが、これまたベストマッチ♪ なのに胃にまったくもたれないというのが凄いですね。

↑ 杏仁豆腐・季節のデザートと中華菓子の盛り合わせ。

ほかにも撮影し忘れてしまったものがあるのですが、まあこんな感じのラインナップで言うことなし。食べログなどに書いてある評価以上の素晴らしさに堪能でした。

中華といっても、食材と食材の組み合わせの妙があって、アル・ケッチァーノの奥田シェフの料理2も通じる繊細な味付けは素晴らしいものでした。

最後にシェフが入り口でご挨拶してくれましたが、大きな牛みたいな人でびっくり!
おっと、失礼!
中華は大きな鍋を振るためか、体格の良いシェフが多いのですが、ここの井上シェフとおっしゃいましたっけ。 まるでラガーマンみたいな立派な体つきをされていて、如何にも旨いものを作りそうな雰囲気満載。また食べに来たいです。

それにしても、こんな素晴らしい誕生日は生まれて初めて♡
用意してくれた家内には心から感謝です!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>