穏やかなクリスマス〜言葉は言霊になりぬ

イブから25日は穏やかに自宅で親しい人たちでダラダラと過ごしました。

クリスマスは演出上手なキリスト教のお祭りなので、歌やら雰囲気やらの幸福感は強烈で、そのためかえって孤独感を感じる人も少なくないようです。まあ、他人のこと気にしなきゃいいのにと思いますが、なかなかそういうわけにも行かぬのが人の心というものかもしれません。

その中で出た話題というのが(クリスマスとは直接関係ないけど)、言葉に出したものが数年後、あるいは数十年後、言った本人も言われた本人も忘れた頃に返ってくることがあるってことです。ブログなどに書いたことも同様かな。

言ったことが数十後に戻ってくる、なんていうと、もう人智の及ぶところではありません。良いことも悪いことも含めて、この世にはそんな不思議なことがあるものだと思いました。

なんて思いつつ、昨日はCSでやっていたスタローン主演のランボーを2本も見てたのですが、2作目の「怒りの脱出」で”expendable”って言葉が、2度出てくるのにびっくりしました。たまたまかもしれませんが、シリーズ化した「エクスペンダブルズ」は、言霊として出ちゃったものなのかもしれません。
ランボーって映画は実にシナリオも展開もザツな作品なんですが、 因果応報みたいなものが作品の中に描かれていて、その点が面白く感じました。

シルベスター・スタローンという人、作品はどれもザツすぎてあまり評価はしてないのですが、人に対して手厚い人だと思います。

ロッキー4で敵役を演じたドルフ・ラングレンに対してもそうだし、エクスペンダブルズみたいに、自己主張の強いハリウッドの大物を一堂に会する映画を3本も作るなんて、この人でないとできない芸当です。

なんて、とりとめのないことを思ったクリスマスでした。

リセットするにはランボーみたいな映画はぴったりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>