恵方巻きは切って食べましょう

先日、郵便受けを見ると「有職」と書いた恵方巻きのDMが届いてました。

「はて、有職・・。これは?」

そうです。赤坂に昔から住んでいた人ならご存知ですが、昔、4丁目3丁目周辺に場所を変わりながらご商売をしていた「有職(ゆうしょく)」という茶巾寿司で有名なお店がありました。

わが家では、何かあると、この茶巾寿司を楽しみにしておりまして、銚子出身の母方祖母は「ちゃきんずし」が言えずに、「ちゃしんずし、ちゃしんずし」と小躍りしながら食べていたのを覚えております。

前の有職はバブルでしくじり、平成8年に店を閉じたものの、その後「福鎚」という名で再興。それが、このたび「有職」の暖簾を再び出したのですね。

福鎚にも茶巾寿司がありましたが、残念ながら味の善し悪しではなく、昔の有職の味とは違いました。時代に合わせていたのか、甘味控えなのですね。

先ほど、HPを見たら料理長は昭和三十三年生まれ。高校卒業後に入社した人だそうで、昔の有職の味が期待できそうで楽しみです。
以前、福鎚時代に店中で『昔の味と違いますね』と言ったら、愕然とされて、奥から経営者と思しき方が出てきて、どこがどう違うか、聞かれたことがあります。

そのことが影響したか知りませんが、近く、有職の茶巾寿司を賞味したいと思います(今は未食です)。

ところで本日は節分で恵方巻きだそうです。

てやんでえ!
こちとら、江戸っ子でい!(ウソです。祖母は二人とも千葉出身)

そんなモン、昔は聞いたことねえやい。

いやはや、一本丸かぶりとは品がない。
大阪の花魁がはじめたというまことしやかな説はいざ知らず。

それに巻き寿司は切った角の食感も味のうちなのです。

ご商売ですから、恵方巻きを売るのも買うのも歓迎ですが、良い子は丸かぶりなんてお行儀の悪いことはやめましょうね(笑)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>