コピー機のリース期間が過ぎました

昨日、Facebookにコピー機のリース期間が過ぎたので、契約を継続せずに、市販の複合機を買った記事を書いたら、けっこうな書き込みがありました。

↓ で、記事はこちら。

コピー機のリース期間が過ぎましたが、契約を継続せず戻すことにしました。
コピー+プリンター+スキャナー+FAXの複合機の良いのが、コピー機のトナーと変わらない価格で手に入るからです。
デザイン作業にしか使わないから、インクの値段を考えてもそちらの方がお得。

複合機をセットして部屋を断捨離。
今年のキーワードは断捨離です(笑)。

U 複合機はレーザーカラープリンターが良いですよ。

K リースは結局負債と同じ、と知り合いの弁護士が言うてた。正しい選択だと思う。

Uさん、もう買っちゃいました。これは何だろ?  レーザーカラープリンターかな?

Kさん、そうですか。それは嬉しい。実はコピー機を戻したあと、埃まみれの跡を見て少し後悔したのです(笑)。

こちらはリース仕立てくらいの前のコピー機です 私は、インクジェットプリンタの他に、必要に迫られ、モノクロレーザーを買いました。モノクロレーザプリンタは、早いし、安いし、良かったです。

N 私は、インクジェットプリンタの他に、必要に迫られ、モノクロレーザーを買いました。モノクロレーザプリンタは、早いし、安いし、良かったです。

ほほう、Nさん。お話を伺うと、わたしのコピー複合機も早いので、レーザープリンター? レーザープリンターの意味がよくわかってない??

N 多分、カラーレーザかと思います

C インクジェットとレーザプリンタでは、インクが違っていますし、プリンタ後の質感が全く違います。レーザプリンタだと、トナー交換ですし、インクジェットはカートリッジです。

K 画伯、買い取れば後は大切に使うだけでしょ?リースは使い続ければ使うほど延々コストがかかる。借金を背負うのと同じくらい、しかも高金利の借金みたいでアホくさいということです。さっさと機械を返せて良かったね。

C 器材は、日々会社でも苦労してますがね・・・考え方様々。レーザープリンタは、粉をアイロンで紙に焼き付ける形式。インクジェットプリンタは、文字通り水性のインクを点々で吹き付けるやつ。インクジェットは、染み込まない紙には印刷できませんし、裏に染みとおるので両面印刷にはコツがいる。レーザープリンタは、アイロンで焼き付けるので、紙に耐熱性が必要。だけど、基本粉顔料なので裏には抜けない。

Nさん、そーか。トナーとな〜・・・なんて、ウフッ♪ それじゃうちのはインキジェットですね。次回、機械を交換する時に試してみよっと。

おおお、Kさん! 逆に言えば、15年負債を持ち続けたってことで、けっこうな金額払いましたね〜。小学校時代の友人がリコーの支店長やってるんで、だいぶ良くしてはもらいましたけど(笑)

Cさん、さすがに機材のことは詳しいですね。「インドのアチャールくん」は下描きをコピー機に手差しにして、水彩紙に印画して描く手法だったので、水に溶けないトナーが不可欠だったのですが、今ではそのやり方をしてないので、リースを解約したのです。

C 顔料系のインクジェットプリンタなら、乾くと耐水性抜群でっせ。紙に凹凸が激しくある場合は、インクジェットしかない・・・なーんて・・・あー。書いちゃった(^▽^;)

Cさん、アドバイスありがとうございます。ただ、今は描いたあとPhotoshopで加工する手法なんで、どちらでもええんですわ(笑)。15年前とはだいぶ機材も違いますしね〜。でもきれいに刷れるわ〜♪

C 釈迦に説法っすね<(_ _)> 実はここ毎日その話題で・・・会社に、レーザープリンタ2台。大型レーザー複合機2台。インクジェット3台(たぶん隠れキャラ居る)。オルフェスって言うrisoの超高速インクジェット1台。A1サイズの大判インクジェット1台・・・その他・・・どうにか統合したいのです・・・(^^;)。なんでこんないっぺー有るんだか・・・(-_-;)

いえいえ、とんでもありません。機材に関してのちんねんの詳しさは承知してますので、どんどんおっしゃってください。それにしても不要に機材が多いね。あなたが会社に入る前にあったものですか?

C ほとんどは入社前。用心してるんですけど、用途ごとに増えちゃうんですよ。困ってます。

やっぱり入社前ね。出版社だから良いんだろうけど(笑)

みんなけっこう、同じ悩みがあるんですね。
発信するのって大事だと思いました。

けっきょくリースが良いかどうかは、オフィスとして使う枚数によるのでしょう。
事務や発注など、会社として使うのならリースの方が楽だと思いますが、 わたしのようにデザイン作業にしか使わない者は、こういう複合機が良いですね。

プリントもコピーも早く快適。
ただ、スキャニングの精度が繊細すぎて、墨が濃く出ず、花風社さんの巻頭マンガのPhotoshop加工に苦労しました。
調整して、次の仕事に臨みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>