2014年はいわしコロッケの年でした!

これが噂の西荻・戎(えびす)の名品、いわしコロッケです!

いえ、タイトルに特に意味があるわけじゃありません。
昨年の大晦日のタイトル「2014年は身欠きニシンの年でした!」に合わせてみました。

実は拙ブログ・・・書いたら書きっぱなしで、 ほとんど読み返すことはないのですが、1年の大晦日と正月だけは、昨年、一昨年どうだったか、ブログを振り返ることがあります。

そこで昨年の大晦日を振り返ると、「昨年は身欠きニシンの年だった」とあり、読んでみればそのココロは、「2013年を身欠きニシンに例え、乾燥させてる最中、煮込んでアクや臭いを出してる過程に考え、来年こそは美味しい逸品に仕上がる年になれば良いなと思う」と書いてありました。

そういえば、今年はそんな感じの年になったかな。
ここ4年くらいは、ロクなことのなかったのですが(そのくせ、おみくじは今年を入れて3年連続の大吉)、少し光明が見えてきた感じでした。

西荻の戎。屋台に毛の生えたような本店から、繁盛とともに、駅前に何軒もできました

経済的なことはさておいて、一番光りが見えてきたというのは、実はわたしの制作クオリティに関することです。

昨年、わたしは個展もありませんでしたし、個人的な出版もありませんでしたが、そうはあるものの、お引き受けした仕事では、胸を張って良かったと言える仕事がいっぱいできました。

花風社さんの自閉っ子シリーズをはじめとして、るるぶ静岡や郡山、そして受注を受けて描いた絵画の仕事も「これは!」という手応えを感じる作品が描けた1年だったと思います。

↓ これもお気に入り、ガガさまモデルの作品です♪

神田橋先生は最近、「ボクは最近、治療がとっても上手になってねえ」とおっしゃてるそうで、大大大先生に比べて言うのも不遜ですが、わたくしも最近は少しは絵が上手になりました。

それをうちの母に言ったら、「アラ、わたしも最近とっても書が上手になったわよ」やて。いや、それはもっとホントです♪

今年はいわしコロッケの年と申しましたが、 こじつけて言えば、特に高級料理じゃなけど食べると美味しいもの、良い仕事が提供できた年だったように思えます。

では、みなさま。
来年はさらに良い年になりますよう!

絶品の皮。こんがり焼いた加減が絶妙♪

こちらは定番正肉塩。

ああ、ええ気分♪

いわしのマリネです♪

鶏正肉、タレでおます。あ、ねぎまか(笑)

 

2014年はいわしコロッケの年でした!” への2件のコメント

  1. 西荻にお出での際は、御連絡ください。ぼくは菊ちゃんと一緒に「古美術 仙遊洞」を営業しています。

  2. おおお、コーイチ山本さん、おはようございます!

    お久しぶり、間違いなくご本人のようですね。
    お話はだいぶ前に平町さんから伺ってましたが、菊ちゃんも一緒なのね。

    マッサンの広島弁聞くたびに、みなさんのことを思い出しますが、
    西荻はまた行く機会があると思いますので、その時は伺おうと思います。
    ブログ、見ていていただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>