望まぬクラス会

絵画教室の細はこちらから

本日はこれより叔父の一周忌。

晩年は介護で叔母が大変だったとはいえ、80数歳の往生だったから、ある程度仕方ないとはいえるのですが、今週は実は高校時代の友人の葬儀がありました。

自刃でした。

彼は結婚が早く大勢の子供がいて、長男も結婚が早かったので、昨年は「おじいちゃんになりました」という年賀までもらいました。
中堅食品会社の社長をしていて、順風満帆な人生。

こちらから見れば、何の不足もない人生だったはずなのですが、いやはや人生とはわかりません。

どう見ても、自分から命を断つタイプには見えなかったのですが、ここ2か月くらいの間はさまざまなことを思い悩んでいたようです。

社長という立場は世間から見ると羨望される立場でしょうけど、高い地位というのは、それだけ責任がかかりますから、そういうことがあったのかもしれません。

私自身は自殺をしようと考えたことはありませんが、最近はする人の気持ちもわかるような気がします。いや、わかるとは言いませんが、自殺する人を必ずしも非難できない気はするのです。

キリスト教でも仏教でも、天から授かった命を断つわけですから、自殺というのは罪でありますが、たぶんほかの選択肢が考えられなくなるのでしょう。

よく「死ぬ気になれば何でもできる」とか「残された家族のことを考えているのか」ということも聞かれますが、死ぬ人はそのくらいのことはわかって死ぬわけで・・・。

ただ、残された者は辛いよなあ。

葬儀の時に、息子や娘たちの姿を見かけました。
小さい時を知ってるので、大人になったなとか、本人そっくりになったなと思いましたが、いやはや何とも。

現役の社長だったため、小さな葬儀場には入りきれない人が集まっていて、お焼香も1回でお願いしますという張り紙がありました。

葬儀のあとは高校時代の連中があつまり、 望まぬクラス会。

担任の先生が「みんな、オレより先に死ぬなよ」と一言。
そう言っても、10年しか違わないからね〜。

寿命だけはわからないですよ。

残された者は、その分生きないといけないなと思った次第です。

望まぬクラス会” への2件のコメント

  1. >社長という立場は世間から見ると羨望される立場でしょうけど、

    ラベルとレベルが違いますが、工事現場の監督は似ています???
    真夏で埃と泥と危険な現場と違ってエアコンの効いた静かな室内、
    また真冬は暖かな室内、
    ガラス越しに見える監督は楽そうです。
    でも、心身ともにハードなんですよねー。

    アッシの先達でMITに社費留学して学位を取り、
    帰国後経営陣に加わった方が居ました。
    雲上人に成ったわけですが、
    アッシの企画の飲み会に来てくれていました。
    或る日、突然、鉄道に...。
    新聞などは抑えたようです。
    諸行無常ですね。

  2. お頭さん、おはようございます!

    そういえば、ブルーカラーの仕事って自ら命を断つ人は少ないかもしれませんね。

    トップの辛さというのは、なった者でないとわからないかもしれません。

    お頭さんは現場監督のご経験が?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>