うそつきカーナビ、薩摩をゆく!


木曜から土曜日までは、母と弟と一緒に鹿児島に行ってきました。

昨年の箱根以来の家族旅行ですが、今回は親子はじめてのレンタカーによる移動をしました。
軽自動車なら1日4000円前後、ガソリン代を入れても5500円程度ですから、
ひとりあたま2000円かからないという安価な移動手段です。

しかし安いは高い、高いは安い。
ひとつ間違えれば大事故というトラブルに見舞われました。

最初の問題は、私が年に数回というペーパードライバーなことと、
母と弟に免許がないことだったのですが(何と2人とも失効で免許がないのです)、
事故はむこうからやってくることがあるものです。

さて、母は昔、自分で運転していた経験があるために、
「早めにこっちの車線に入っていた方が良いわよ」とか、
「右でしょ、左でしょ」と、けっこうワキでうるさいことを言います。

私が20代の頃は家に車があったので、それはそれは車内で派手にケンカをしたものです。
(ヒジョーにアブない!)

それでも運転初日は、平穏に知覧と指宿へ行って来れたのですが、
問題だったのは、その翌日の最終日でした。
(初日とは別のレンタカーを使って運転しました)。

鹿児島市内を見学したあと、
霧島に向って空港で乗り捨て、というルートを考えていたのですが、
「このあと左”ななめ”を曲がります」という微妙なナビゲートに、行くルートを間違えてしまいます。

手頃な駐車場を見つけて方向転換をしようとすると、
「ちょっとアンタ、そんなとこに車止めてアブナイわよ!」という母の有難いアドバイス。

「かえって危ないから黙っててくれないかな」
という長男坊の反論ですが、素直に息子の言うことを聞く母ではありません。

「安全第一よ。頭冷やして運転してちょうだい」

うぬぬ!
いいから母上、お静かに願いますう!

カーナビは細い田舎道を右折、左折、右折とナビゲート、
やがて大きな元の国道へと出て、見覚えのある道をずんずん進みます。

すると再び「このあと左”ななめ”を曲がります」という同じようなナビに
いかん、いかん、また通り過ぎてしまったと、再び似たような駐車場をUターン。

「ちょっとアンタ、そんなとこに車止めてアブナイわよ!」

「さっきっから黙っててくれって言ってるじゃないか」

「危ないから言ってるのよ!」

「だから、それがかえって危ないって言ってるだろ!」

20数年前、車上でやった親子ゲンカの再現ですが、気を持ち直して電話番号の再入力。

今度は大丈夫だろうと運転再開をしたところ、
不思議なことにカーナビの言う通り運転すると、同じ細い田舎道を再びグルグル回り、
さながらキツネの穴にハマった状態です。

その後何度、電話番号や場所を入力しても同じこと。
仕方ないので駐車場の職員さんに道を聞き、霧島方面に行く高速道路をめざして運転です。

霧島方面の高速道路を目指して走る最中も、カーナビは
「この先300mを右折します」
「次、左折です」と奇妙なナビゲートを止めません。

高速を降りて、別の場所に着いたらきちんと作動するかもしれないと考えましたが、
はたしてナビは「次、左折です」「次、右折です」と、
またもグルグルとキツネの穴を指示するような、奇妙な奇妙なナビゲート。

明らかにカーナビの不備、誤作動です。

ナビを頼りにしてましたから、ロクな地図も持ってませんし、
このまま運転しては危険と考え、レンタカー会社に連絡して
乗り捨て場所の空港へ、いったん車を戻すことにしました。
この時、午前2時くらいになっており、飛行機の出発時間は午後5時45分と、
帯に短き、襷に長しの中途半端な時間です。

ナビの調子をチェックしてる従業員に「車を替えろ」と叱咤して、別の車で向いました。
(こっちは時間がないんだ。機械のチェックより客の都合を考えろっちゅーの!)

幸い、目的地の霧島の塩浸温泉龍馬公園までは空港から10分ほどの場所。
坂本龍馬が妻のお龍と18日間過ごしたことで知られる湯治場です。

池田屋で負った傷を龍馬はここで治したと言いますが、
入ったあと、温もりが寝るまで持つようなそれはそれは素晴らしい泉質でした。

霧島の滞在時間は1時間ちょっと。
だいぶ時間はムダにしたけど、終わり良ければすべて良し。

実りの多い旅行でした。

写真は城山公園から見た桜島。
ナポリと姉妹都市を提携しているそうですが、ここから見る風景は本当にそっくりです。

うそつきカーナビ、薩摩をゆく!” への2件のコメント

  1. バカーナビ
    画伯、こんにちは!
    我が子も2日に桜島 、午後から知覧へ行き指宿温泉泊だったようです。
    ところで、我が家の安物カーナビも全然使えないバカーナビです。
    買ってすぐ試し運転を、してみたところ目的地の道順は知っていたのですが、カーナビの言うとおり運転してみました。するとほっそ~い道に入り行き止まり。。帰り道は自分の知っている道を運転してみると、バカーナビは故障するんじゃないかって思うくらい混乱し「只今検索しております」を繰り返していたかと思うといきなり「その先100m先を右……検索しております」と笑かしてくれます。最後だけ「50m先目的地です。」と威張って言ってました。「知っとるわ」と突っ込みをいれてやりました。
    高いカーナビってもっとキビキビしてできる奴なんですかね。。。地図が読めない究極の方向音痴の私には、すんばらしーアイテムだと思うんですが、こんなんじゃ困難じゃ。。。ウフ♪

    明日は、あみだくじの日なんですね。厳かに結果を待ちたいと思います

  2. 笑い事で済みましたが
    いっちゃん、おはようございます!

    >我が子も2日に桜島 、午後から知覧へ行き指宿温泉泊だったようです。

    ああ、それは良いコースですね。
    指宿の温泉は素晴らしいので、ご子息も満足されたのではないでしょうか。

    >バカーナビは故障するんじゃないかって思うくらい混乱し
    >「只今検索しております」を繰り返し

    いっちゃんのバカーナビは「検索してます」というだけ、
    まだ正直な日本人カーナビですね。
    私たちが使ったカーナビは、知らないなら知らない、
    検索してるなら検索してると言えば良いのに、
    出鱈目な方角を教えるインド人アラブ人系のカーナビで、
    ひとつ間違えれば大きな事故にもつながりかねません。

    レンタカー会社の担当は「金を返す」と電話では言っておきながら、
    あとから「別の車を使用したので、お金は返せません」だと。
    こちらは半日棒に振ったわけですから、上の者を電話に出させて後日検討させた上で精算することにしました。

    カーナビの不備は直接レンタカー会社のせいではありませんが、
    それを搭載している以上は責任があります。

    3885円という値段なので、返す返さないは大きなことではありませんが、
    何らかの責めは負っていただかないといけませんわね。

    あとで思えば笑い話ではあるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>