アセナのレベントシェフ、順調に回復!


昨日はブログ仲間が集まりアセナでランチ。

レベントシェフが倒れて10日あまり、
いみじくも昨日のメンバーは綾子さんを含めて、
倒れた翌日、ICUに見舞った4人と同じメンバーでした。

シェフは順調に回復。
高い個室が良いだの何だのと、すでにワガママを言いはじめてるそうですから、
思ったより早く復帰できるのではないかと思います。

あの日、綾子さんは営業するかしないかを迷ってましたが、
大きな段ボールに山盛り入っていた、大きなタマネギやナスなど、
大量の野菜を見て、2日目からランチを含めた営業をはじめましたそうですが、
いや~、変にギブアップしないで良かったですね。

昨日、ツイッターで綾子さんは「私はトルコで”太る子”」なんて自虐ネタを披露してましたが、
(おおお、失礼)開き直ってはじけてくれたらと思います。

昨日はアセナが5丁目で営業していた時の大家さん(お頭さんです)から、
色々知らない話を聞くことができました。
以下はその抜粋(お頭さん、不正確だと思うのでチェックのほど)。

アセナが開店した当初は赤坂5丁目にあり、日本人の夫とブラジル人の妻がオーナーだったそうです。
そのブラジル人が浅草サンバカーニバルをはじめたメンバーで、
飲食店は素人ながら、お店を開きたくて、なぜかトルコ料理に手をつけたのです。

そこにホームレスだったレベントさんが知人を通じて雇われたのですが、
なにしろ本物のトルコ人シェフですし、腕前はあの通りで、
たちまち店を支える人材になったわけですね。
(ホームレスになった経過はマンガ(ラフ)を参照のこと

しかし、ブラジル人夫妻のオーナーは長続きせず、
あとからやって来た別のトルコ人オーナーとは折り合いがわるく、店を辞めてしまいます。
(レベントさん、同国人に騙されてホームレスまでやってますし、
 多民族国家のせいか、同国人どうしの仲がかなり悪いですね)。

出ていったあとも、なぜかレベントさんはその店
(店名もアセナから、トルコ語で”乾杯”を意味する”シェレフェ”に名称変更)に出入りしていて、
そのトルコ人オーナーが出ていったあと、自分にオーナーのお鉢がまわってきたらしい。

レベントさんにはお金がなかったので、トルココネクションが後ろ盾になったり、
当時のお客だった自衛隊仲間が出資して、彼をオーナーシェフにしてくれたそうで・・・。

いやはや、レベントさんの波乱の人生。
羨ましいというか、あまり真似したくないというか、
綾子さんの気苦労や如何にといった感じですね。

今回の入院、また新たな伝説を作ってしまったというわけですが、
命あっての回復待ちは何よりのニュースでした。

昨日の午後は、美大に入る前からの悪友が闘病生活を送ることになって、そのお見舞い。
2時間以上も話し込んでしまいました。
病人から学ぶことは多く、その日帰ってからもはずっと彼と話したことを自問自答していました。

あきらめてはいけない。
ピンチはチャンス。

巷でインフレを起している、陳腐で単純な言葉なようですが、そこには一面の真実あり。
ばかにしてはいけない言葉だと思いました。

いずれ、そのことはブログにアップします。

写真は奮闘するブーチンチーフのクイマルユムルタ(牛ひき肉の卵のせ)。
お店は繁盛していますが、みなさま、どうぞ引き続き応援してあげてください。

アセナのレベントシェフ、順調に回復!” への11件のコメント

  1. 正体
    むむむ、危ない危ない、正体がバレルということは、
    困ったもんです。
    アッシがおバカさん、実はボケが世に知れ渡る。

    「メルハバ」、当初はそれで、直ぐに「シェレフェ」に変えたと思います???
    あれーっ??? 反対だったかなあ、
    あやふやだわぃ、スイマセン、マスオさん。

    で、そもそも、ASENAですが、
    伝説の「狼」の類だったと思います。
    昔々の大昔、トルコが危機に見舞われたとき、出現して、
    敵から国を守った救った、という伝説だったかなあ?
    店名は実に意義深いんですね。
    これは、トルココネクションに尋ね確認取るのが早いな。

    にしても、レベントさんは波乱万丈の人生でした、です、かな?
    それでも心根は、
    日本人とは明らかに違うタイプではあるものの、
    優しく正しい純粋ものでしたから、
    こんなアッシなんですが、少しばかり助けてあげたくなりましてね。
    アッシのそれは最大1%でして、
    99%は奥様の地道な支えが有ったればこそです!
    当人もそれは分かっていますが、変に日本人に似ちゃって?、
    感謝と愛を直裁には表現しないんですね。
    これがレベントさんの正体。

    レベントシェフ、年内には厨房に帰還すると思われますが、
    この先も治療と療養が必須だから、
    アセナファンの舌と胃を満足させつつ、
    医療費をしっかり稼ぎつつ、
    キャラクターそのままに、
    ご自愛(分かるかなあ?)されんことを。

    ちょっと、満載過ぎたかな。
    アセナの料理は美味満載で素晴らしいです。

  2. そんなことがあったんですね
    レベントシェフの人生、アセナさんの歴史に驚きました。

    部分部分は聞いていましたが、そこまでとは。

    何より順調な回復ひとまず安心しました。

    回復しているからいえることですが、
    ひとつひとつ意味があるんですね。

    めぐりめぐったからこそ、綾子さんと出逢えたこと、ネスリンちゃんが生まれたこと。

    そして、今回のこともきっと。

    とても胸にしみました。
    ありがとうございます。

  3. 年内復帰ですか!
    お頭さん、おはようございます!

    うはは、正体をバラしてしまい失礼いたしました。
    (ちゅーか、みんな知ってるみたいですけど)。

    >「メルハバ」、当初はそれで、直ぐに「シェレフェ」に変えたと思います???

    綾子さんから連絡があったので、直しておきました。
    トルコ語で乾杯を意味する、シェレフェに変わったようですね。

    >レベントシェフ、年内には厨房に帰還すると思われますが、

    おおお! 
    それは素晴らしい。

    前倒しで治るでしょう、なんて話をしてましたけど、
    ホントにそうなりますね。

    全快祝いでもしましょうかね。
    もちろんアセナで、シェフに腕をふるってもらうのです。

    >これがレベントさんの正体。

    一度、パーティーの時でしたか。
    シェフが涙を流しながら、
    「ママの健康が心配。ママのためなら仕事辞める」なんて、
    酔っ払いながらいってましたっけ。

    その話を綾子さんにしたら、
    「何言ってんの? 第一、仕事辞めて何すんのよ」なんて、
    反対に怒ってました。

    たしかにそうですね。
    自分の健康、心配して医療費稼いでくださいませ。

    ともかく年内復帰はめでたい。
    復帰できるなんて、何か”ふっき”れたかな・・なんて、ウフッ♪

  4. 復帰したら
    hiroさん、おはようございます!

    ほんと、色々あってびっくりですね。
    いや、本文でも申しあげたように、
    羨ましいような、あんまり真似したくないような。

    自営業のわたくしとすると、聞いてるだけでおなかいっぱい。
    真似は慎んでご辞退したいというところですが、
    まわりから見ると面白いですね。

    年内、シェフも復帰できるそうですから、
    一度みなさんで集まりましょう。

    11月5日のリベンジです。
    あの五日は”いつか”?・・なんて、ウフッ♪

  5. 包丁握らず、かも
    >全快祝いでもしましょうかね。
    >もちろんアセナで、シェフに腕をふるってもらうのです。

    勿の論、それが客全員の願いですが、
    シェフ自身が何より願っているでしょうが、
    負荷が重い厨房立ち仕事は、長時間は無理かも知れませんので、
    味見管理人かも知れませんよ。
    ご本人はそんなの厭でしょうけれど、
    ドクターと相談ですね。

    湯船にクビまでどっぷり浸かることでさえ、
    心臓リハビリという枠の中で管理されるくらいの
    今回は重大事でありますからして。

    気長に、気長に。

  6. 気長に
    お頭さん、おはようございます!

    >味見管理人かも知れませんよ。

    それで良いのではないでしょうか。
    アセナは店舗を増やしていくタイプの店ではありませんが、
    それでも2店舗くらいあって良いかなと、私は思っています。

    ブーチンさんを一人前に育てる意味でも、
    口で指示して味の管理は、かえって良い機会だと思います。

    以前、綾子さんとも話していたのですが、
    レベントシェフは人を育てるタイプではないので、
    そこが困ると言ってました。

    またとない機会ではないかと思います。

    そうそう、気長に気長に。

  7. 115事件
    ホント「アセナ」に4人揃っちゃいましたね。こうして顔を合わせられるのも、レベントさんが順調に回復しいるからこそですね。良かった!

    それにしても「お頭」さんのお話はとてもびっくりでした。レベントさんや綾子さんにそんな過去があったとは・・・。どんな時でも前向きに頑張ってきたからこそ、手を差し伸べてくれる方がいるんですね。運も味方します。

    ブーチンさんで「アセナ」二号店も夢じゃないかも♪・・・・もうそんな(?)妄想。♪ふふふっ。

  8. ”もー、そう”ですか♪
    naotさん、おはようございます!

    そーか、115なんだ~!
    そうするとあれから2週間経っというわけですね。

    いや、考えてみれば激動の2週間。
    回復がここまで来るなんて思いませんでしたよね。

    お頭さん情報では、来週あたり退院するとかしないとか。
    退院後の生活は大変ですが、レベントシェフはさぞ”シャバ”の風に当たりたいに違いありません。

    ブーチンさんで2号店。
    近い将来、妄想を”申そう”でもなくなったりして・・なんて、ウフッ♪

  9. 親分出所って・・・(爆)
    それは大変!親分出所?笑いました。

    サングラスとマフラー、葉巻もを用意しないと・・・(煙草はダメ!シガーチョコに!)。♪タララ、ララララ、ラララララ~
    (ゴッドファーザのテーマ)。クラクションは、♪たらりらたらり(←音は♪ファソラシファソラ)。夜露死苦!

  10. 来月、復帰?
    naotさん、おはよ大相撲です!

    どうも、親分。
    おつとめ、ご苦労さんです!

    なんて似合いますね~。
    でも、レベントシェフのは暴走族のノリなんて小粒なもんじゃございません。

    やっぱりゴッドファーザーの世界でしょうか。
    本人に自覚があるかわかりませんが。

    来月、復帰なんて噂もございます。
    復帰して、いろいろ”ふっき”れたかな・・なんて、ウフッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>