シャドークイーンで作る紫コロッケ!


先週の金曜、中田大地くんのお母さん、白くま母さんより
大量のジャガイモとタマネギ、それに白カボチャが届きました。

こんなにたくさん、食べ切れるかなあ?

そう思いましたが、これからの時期にジャガイモもタマネギも1ヶ月以上持つし、
今のように野菜高の時期に保存のきく野菜は本当にありがたい。

せっかくのご好意でいただいたお野菜です。
近所に配るのは簡単ですが、
実家に分ける以外はなるべくこちらで頂こうと思います。

タマネギはいためてオニオンスープにすると美味しいし、
ジャガイモはコロッケかビシソワーズにすれば、あっという間になくなります。

幸いというか、いただいたジャガイモにはシャドークイーンという、
鮮やかな紫をした品種があり、なんでもこれはコロッケにして食べると、
ホクホクしてなかなかの美味なんだとか。

ちょっと前まではトマトといえば桃太郎しかなかったように、
ジャガイモもメークイーンと男爵くらいの種類しかなかったのに、
最近ではインカのめざめ、インカレッド、インカパープル、きたあかり、べにあかり、
ホッカイコガネなど、さまざまな品種が出回るようになりました。

もともとジャガイモは南米はアンデスの高山が原産。
原産地に行くと何千種もの品種があると言われていますが、
シャドークイーンは最近の品種なようで、鮮やかな紫をしていながら、
男爵なみの味をもつというものだそうです。

形状は男爵というよりはメークイーン。
ただし、メークイーンのように煮崩れない品種ではないようで、
比較的すぐに火が通るものなようです。

白くま母さんから「皮をむいちゃダメ」との厳命で、よく水洗いをしてから、
大きさを揃え水につけた途端、すぐに後悔。
皮をむいたらダメというのは、アントシアニンのたっぷり入った色素を外に出さないためなのに、
大きさを揃えるので切ってしまったら、色が落ちてしまうではありませんか。

シャドークイーンを茹でること約8分。
多少お湯の中に色が出ていってしまったものの、鮮やかな紫は健在。

いただいたタマネギのみじん切りをよーく炒め、目の前で値引き札のついた合い挽き肉を入れ、
こねて小麦粉、パン粉をつけて揚げれば紫コロッケの出来上がり。

プロが作ったものじゃないので、出来上がりの見た目はイマイチですが、
お味の方はまあまあ合格点かな?

シャドークイーンは一度で使い切ってしまいましたが、
今度はいただいた普通の男爵(?)でコロッケを作ってみよう。
大地くん、白くま母さん。
どうもご馳走さまでした、ありがとうございます!

あ、その前に今週は栗ご飯をどうしても作らないといけませんね♪

シャドークイーンで作る紫コロッケ!” への2件のコメント

  1. コロッケころころ
    画伯こんにちは!
    シャドークイーン、変わった色でびっ栗!「シャー!ドックイーン」としました(^o^)
    画伯のツイート見て、私も日曜日にコロッケ沢山作りましたよ♪
    我が家で出来た皮だけ紅色のジャガ芋を使いました。種類は何か忘れてしまいました。
    大地君ちのジャガ芋と違って切っても紫ではないです。でんぷん質は強く黄色みが濃くやっぱりコロッケ向きです。
    我が家は玉葱、人参、ミンチ肉とハーブと即席で クリームシチューの素と牛乳で作ったホワイトソースまがいを入れました。
    ついつい、色々入れたて蓮根みじん切りを入れそうになりましたが、踏み止まりました。また次回やってみようかな…辞めたほうがいいですかね(笑)f^_^;)
    画伯今度は美味しい栗ご飯を作ってお栗♪

    画伯、今度は栗ご飯ですね♪

  2. 栗ご飯は
    いっちゃん、おはようございます!

    >「シャー!ドックイーン」としました(^o^)

    やられた!
    座布団4枚♪

    具だくさんのコロッケ、馬そうですね|
    うちの近所のスーパーにはカニクリームコロッケの美味しいところがあるのですが、
    ホワイトソースを入れるとこなど、それをミックスさせた感じです。

    作っていて思いましたが、コロッケは野菜も肉もたっぷり入れられる健康食。
    揚物なんでカロリーは多めになりますが、
    いっちゃんとこみたいに、若い子の多い家では最高のメニューですね。

    おジャガもタマネギもいただきものなので、
    ひき肉のたった350円で1ダース以上作れてしまいました。
    1個あたりにして20~25円くらい。

    栗は肉のハナマサで買ったものが、粗悪品で今日返金してもらいます。
    栗ご飯は来週ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>