石臼大関の誕生~稀勢の里、一気に綱取りへ!


大相撲のない朝を迎えました。
大相撲千秋楽、三つ巴戦が見られるかと期待しましが、さすがは横綱。
今場所不調の日馬富士を寄せ付けませんでした。

ツイッターの相撲部は大興奮でしたが、琴奨菊がばるとに勝っていれば二者の決定戦も見られかもしれず、
どちらにしても、ちょっと残念でしたが面白い場所になりました。
相撲ファンとしては、これで八百長騒ぎのみそぎは、ある程度済んだような気がしました。
八百長だったら、お客さんの喜ぶ巴戦にするだろうしね。

それにしてもひさびさの日本人大関の誕生ということで、
テレビ中継もマスコミ各社もかなりの騒ぎよう。

「さあ、いよいよ日本人大関の誕生です」

「日本人大関の誕生は、琴光喜以来、実に4年ぶりのこと」

うーん、なんか私はこのテレビ中継の言葉に違和感を覚えたのですが、
同じことを思ったのか、ディープな人ぞろいなツイッター相撲部から、こんなツイートが。

「だから日本人とか日本人じゃないとかいいんだってば」

そうそう、その通り・・と、私も思わずツイートを。

「相撲がほんとに好きな人は気にしない。みんな面白い取り組みが見たいだけ」

すると、けっこうなリツイートに加え、こんなツイートも。

「強いて言えば日本の心。それは国籍でも生まれでもない」

そうそう。
今や、はじめ高見山が初めての外国人力士として登場し、
小錦が黒船来襲と呼ばれた時代とは大きく様変わりしました。

横綱をはじめとするモンゴル勢は言うに及ばず、
大味だけど怪力が魅力なグルジアやロシアの力士や、ブラジル出身の魁聖。
大男ぞろいのチェコ出身ながら最軽量の隆の山など、ファンは見てますね。

巷にも外国人が溢れ、その外国人がまともな人であれば、
偏見をもたれずに受け入れる土壌も、高見山小錦の時代とは比較にならないほど育ってきました。

そんな中、琴奨菊の大関昇進はそんな嬉しいニュースでもありません。
われらが稀勢の里を先に大関に、という気持ちが強かったことはもちろんだけど、
新大関のガブリ寄りは、見ていてあまり美しくない。

イマイチのびしろを感じさせない点も不満なのですよ。

ただ、誤解のないように言うと新大関は間違いなく良い人です!
以前、大相撲震災募金をしに、錦糸町に出かけた時のこと。

まだ、琴奨菊は不人気であまり募金にいれる人がいなかったので、
わたくしは、からかい半分の気持ちで(大関スミマセン)、
「ことしょうぎく!」と、得意の大声をかけました。

すると大関、破顔一笑。
あまりに嬉しそうな顔をするので、こちらのからかい半分の気持ちが急に恥ずかしくなり、
急いでほかの力士にも合いの手を入れたのです。
よほど人気がないのかなあ、なんて逆に思ったりもしましたが、でも、琴奨菊関。
大関になれたんだから、そんなこと良いよね。

今はホントに人気が出たんだから(棒読み)。

来場所、われらが稀勢の里がいよいよ大関取り。
北の富士さんじゃないけど、大関はただの通過点でしょう!
ここで一気に綱まで行ってほしものです。
それだけの器なんですから。

石臼大関の誕生~稀勢の里、一気に綱取りへ!” への2件のコメント

  1. 面白い場所だったね~
    画伯おはようございます。
    本当に面白い場所でしたね!
    稀勢の里、どうやって脱皮していくかとはらはらしていましたが
    その兆しが見られました。
    石臼は・・・そうね「美しくない」の一言ですね。でも、あの錦糸町のときのようすから見て、悪い人じゃなさそうだね。
    でも昨日NHKで「愛される大関になりたい」というのを聞いて
    人はないものねだりするんだな、と思いました。
    九州が楽しみです!

  2. 石臼が強いと
    あ@花さん、おはようございます!

    いや~、ホントに面白い場所でしたね~♪
    鳴戸親方って、本当に弟子をよく見て育てる人なんだなと思いました。

    三連敗したあとに叱責したそうですが、どんな叱り方をしたのか。
    ただ叱るだけじゃなく、本人が奮起する指導をしたのでしょうね。
    三連敗のあとは横綱を含めて完勝。
    もう私は期待してますよ!

    >昨日NHKで「愛される大関になりたい」というのを聞いて

    ほんまないものねだりやな。

    どうせなら強すぎて憎まれる横綱になりたいって言えばいいのに、
    このあたりの発言にのびしろを感じさせないものがありますね。

    でも石臼が強いと場所が盛り上がることもわかりました。
    九州場所、楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>