野田どぜう~相田みつをの詩


「攻めにくい」…支持率回復、野党に危機感(読売新聞) – goo ニュース

うーん。
ある程度、政治に目先の支持率は必要とはいえ、野党も65%の支持率に右往左往してはいけませんな。
閣僚の顔ぶれを見て、私もそんなに期待しませんが、
支持か不支持か二者選択を聞かれたら、支持を選びます。

それにしても国政を担う演説に、相田みつの言葉を選ぶをというのは不安を覚えますねえ。

人によっては、相田みつをの詩や書に癒され、力をもらうというのはあるでしょう。
うちの母も相田みつをが好きらしく、特に人生を長く生きた人には人気があるようです。

ただ、相田みつをの言葉というのは、何かをできない自分(あるいは人)にたいして、
そのまんまで良いんだ、気にすることないんだと慰めてくれる言葉です。
でも、政治が「そのまんまでいいよ」「ありのままのあなたでいいよ」では困るんだよね。

どじょうと金魚の比較然り。
まあ、野田さんの演説は、どじょうはどじょうなりの生き方があるという意味なんで、
決して「ありのまま」で良いと言ってるわけではないんですが・・・。

古典四重奏団の川原千真氏が、
「ベートーベンを演奏するのはこわい。
 こわいけど、真剣に立ち向かうとベートーベンほど優しい人はいない」
と言ってました。

最近はベートーベン、人気があるのかな。
口当たりが良いとか、「慰められる」「癒される」ものばかりが流行る世の中というのも、
如何なものかと思いますが。

  
やれなかった やらなかった どっちかな

自分の後ろ姿は 自分じゃ見えねんだなあ
   
うそは言わない 人にはこびない 人の陰口は言わぬ 私にはできぬことばかり
 
幸せは いつも 自分の心が決める
 
うばいあえば足らぬ 分け合えば余まる
 
つまづいたっていいじゃないか 人間だもの

弱きもの人間 欲深きもの人間 偽り多きもの人間 そして人間の私
 
雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

アノネ 人間にとって一番大事なものはなにか?そこを原点として考えてゆけば
後は自然に分かってくるよ

うーん。
こうして見ると、けっこう良いことを言ってはいるんだけどね~。

なんか つっこみを いれたくなってしまう 人間のわたし

こんな マンガ 描いてないで 本番 描かないと

野田どぜう~相田みつをの詩” への2件のコメント

  1. なんだかなあ
    幸せは いつも 財務省が決める
    うばいあえば足らぬ 分け合えば余まる でも増税
    増税は やれなかった やらなかった どっちかな
    弱きもの国民 欲深きもの政治屋 偽り多きもの官僚 そして人間の私

    財務省が作った新首相ですが、増税は進首相では無理、
    と早くも見切りをつけたらしい。
    解散かな???
    次は自民党かな???
    どっちにしても、売国自衛官僚国家のままでしょう。
    主権在民は死語です。

  2. 加筆
    >売国自衛官僚国家

    とは、売国(平気の平左)自分の省庁のみ防衛する官僚、
    でゴワす。
    草木も残らぬ日本列島に、霞ヶ関だけが残った、
    という石碑が出来るかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>