救命士、救命行為で処罰!


勤務外で救命処置をした救急士が停職に

うーん。
朝、7時代にNHKを見てたら、こんなニュースが短く耳に入ってきて、耳を疑いました。

医師の指示がない限り、緊急時でも救命行為はしてはいけないのだそうです。

これは医療ドラマではお馴染のストーリーで、現実に以前からこういう話は多々ありましたが、
特にこの話でひどいと思ったのは、石岡市消防本部が言っている
「人命救助を目的とした行動であっても許されないことで、再発防止に努めていきたい」
というコメントですね。

これは、「人命より法律の方が大切なので、再発防止に努めていきたい」
と言ってると同じことであります。
見殺しにした方が罪にならないってこと?

私は人の命が地球より重たいとは思わないし、
有事の際に、一民間人の命より優先しなければいけないこともあるとは思っています。
そういった法律は時に、人命より尊重しなければいけないものになる。
これは仕方ありません。

でも、これらのケースはそうではありません。
日常生活の中で生命の危機に脅かされた人がいるのに、
処置をしていけないとはどういうことでしょうね。

昨今は公共の場にAEDが設置されており、
かりに民間人が患者にそれを使って命を落としても罪には問われないそうです。

でも、反対にプロの救命士がこんなことで処分の対象になるようだったら、
誰がAEDなんか使うんでしょうね。

さすがに先の大震災では、救命士が医師の指示なしでできる救護行為はやむなし、
というおふれが出たそうですが、当たり前だよな。

この救命士さんは自ら退職されたそうですが、
私の友人にも、同じような理由で消防士を退職した人がいます。
こんなシステムは一刻も早く変えないといけません。

命のやりとりなので、判定が微妙なことは多くあるでしょうが、
有事でもないのに助かる命が助からないとは由々しき問題であります。
どうぞ、みなさま。お声を!

写真は5月の技量審査場所ののぼり。
あ~、もう今日から6月です!

救命士、救命行為で処罰!” への4件のコメント

  1. ベンもお手上げ
    マスオさん、こんにちわ。

    全文に厳しく同意です。
    ケーシー高峰でも緊急時は素人よりはマシでしょう???
    本家の ベン・ケーシー が、若し、今東北震災地に駆けつけても、スンナリじゃないんでしょうかね?

    現場の責任者の裁量で、誤魔化せばいいのに!
    アッシだったら、日向から闇に葬るね、この善行。

  2. ありがとうございます!
    お頭さん、おはようございます!

    激しく同意、はげどう鈴の助でありがとうございます!
    そうですよ、こんなこと公開しないでお咎めなしにすれば良いのにねえ。
    何でもバカ正直にルールに従おうとする、オートマチックな考えが被災地の復興でも何でも遅らせているのだと思います。

    命を救ったことが「許されないこと」など、
    どう考えても釈然としません。

    まったく。

  3. 注射針を許可なく持ち出していたことが問題
    リンクが既に消されています。応急処置程度ならば良かったのではないかと思います。注射はだめなのでは?結果的に適切な処置ではなかったのだと思います。

    法令で時間外に救命処置を行うことは禁止されていて、さらに「注射針を許可なく持ち出していたこと」が問題だったようです。

    外国の医師免許を持つ人達と同じ会社で働いていましたが(外国人)、彼等は日本の医師免許を持っていない為、日本では患者に手を触れることができません。

    そのうち一人は、NGOで世界の国々で医療現場にに携わっています。現場で働きたい人には国境がないのです。

  4. のちほど
    naotさん、おはようございます!

    リンク、消されてましたか。
    これは山梨で議論になりました。

    のちほどアップしようかと思います。
    お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>