大相撲は一日にしてならず


昨日はあ@花さんが当ててくれた抽選券で、ひさびさの大相撲観戦に行きました。
太鼓も茶店も休みだけど、国技館の中は普段の本割とまったく同じでした。

それにしても無料の公開なんだから、もう少し客層が変わってもよさそうなハズなのに、
どうしてこんなに雰囲気が変わらないんでしょう。
けっきょく相撲に興味のない人は、たとえタダでもわざわざ国技館まで運ぶことはないのですね。
あの抽選システムはけっこう複雑だったし、
普段からテレビ観戦で相撲に親しんでいる、コアなファンが見に来たというわけですね。

それにしても土俵入り、それも十両の人数の少なさには驚きです。
八百長問題で23人処分されたわけだから、当たり前といわば当たり前ですが、
関取ひとり育てるのに、どれだけの労力と努力とお金をかけたかを思えば、
ずいぶん雑な調査で、簡単にクビを斬り捨てたものです。

恵那司のように携帯のやりとりが残されてる力士なら、それも仕方ありませんが、
元・海鵬の谷川親方や カテゴリー: Weblog   作成者: masuo-san パーマリンク

大相撲は一日にしてならず” への2件のコメント

  1. この写真
    売りだしたら買います。
    協会もそうやって義援金づくりしてくれないかしらね。

    楽しかったね~。
    お酒が入らなくてもお相撲は楽しいですね。
    でも今度は飲めるといいね。

    入り待ちの写真送ってくださってありがとうございます。一枚いらないのが入ってましたが。

  2. 入り待ちでした
    あ@花さん、おはようございます!

    この写真、すごい写真ですね。
    素のままが写されていて、大迫力です。
    こういうの見ると、おすもうさんはすごいなと思います。

    大相撲被災地巡業なんかやる予定ないのでしょうか。
    (やるでしょうね)。

    9月は飲み食いしたいですね。
    番付もあがってほしいけど(以下略)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>