アクアミットの接触事故


昨日はアジアカップ、日本優勝の余韻で一日快調♪
朝早くまで見ていた人は、ぐったりしていたようですが、
私は放送に備えて、9時くらいに床に入り放送時間に合わせて起きたものですから、
わりと昼間も元気でおりました。

夕方はジムに行き、ひと泳ぎしてみるか・・・なんて思ったのですが、
プールの端のレーンでは、たまたまアクアミットというレッスンがはじまるところでした。

これは手にミットをつけて水の中でエクササイズをするというもので、
水圧の負荷がかかり、けっこうな運動量になります。

泳ぐだけでは、いつも同じところしか使わないので、
たまにはやってみるかと(私は踊りは大の苦手なので、滅多にやりません)、
珍しくレッスン参加ということに。

ところが、たまたま両脇にいたイラン人と日本人の男性が、
いつも水しぶきを浴びせて、じゃれあう常連ということを忘れておりまして、
彼らときたら、人の顔に大量の水を浴びせてくるのですね。
良い年したオヤジが何やってるんだよな~。

はじめは笑ってかけあっていましたが、
水が耳に入るし、思いっきりかけられると水はけっこう痛いのです。

バチャ! バチャ! バチャ!

うむむ。
なんだ、コノヤロ~!
人が大人しくしてればいい気になりやがって!

なんて、こちらもだんだん腹が立ってきてエキサイトしてきます。
そのうちエクササイズじゃなく、水をかけるのに夢中になり、
インストラクターの先生(女性)も困り顏。

手足をバタバタさせて、しぶきを上げるうちに、
隣のイラン人の足と足がぶつかってしまい「痛!」。

・・・ここではじめて我にかえり、エキサイトしてしまった自分を反省です。
いや~、男っていうのはどうしようもありませんね~(お前がバカなんだろうって)。
朝のサッカーでテンションが上がっていたのでしょうが、
裸の状態で体と体がぶつかるのは、実はけっこう危険な行為です。

両者思いっきり体を動かしてますから、当たり所によっては骨折しても不思議ない。

レッスン終了後はインストラクターの先生と、
両隣の2人に「失礼しました」と言って、あやまりましたがまだまだ未熟な自分に猛省です。
ケンカのマネをしてると本当にケンカになると言いますが、いけませんね。

写真は・・・昨日、ソロモン流で奥田シェフの番組をやってましたが、
ヤマガタ・サンダンデロのタラの白子のリゾット。
絵のセッティング日と昨日の放送の撮影が同日だったのそうなので、
絵が映るかなと思いましたが、ちょこっと一部が放映されただけでした。

アクアミットの接触事故” への10件のコメント

  1. 年齢ではなく性別…?
    画伯こんにちは!

    その バチャバチャでエスカレートして収拾がつかなくなる光景、我が子と重なり爆笑でした。
    たいてい 誰かが泣くか、鬼母ちゃんの声で我にかえるパターンでした。
    これは 年齢ではなく、そういう性なのですね。
    フムフム 勉強になりました(笑)
    とか言って、私もそんな状況になったら 大人げなく手を振り回し、大車輪でやりまくるかも…。

  2. ありゃりゃ
    ありゃりゃ・・・
    マスオさん、がんばりましたね。わたしが休んだお陰で水掛けごっこのターゲットになりました。でもマスオさんは偉いです。悪いことなどひとつもしていないのに謝るなんて・・・

    まぁ、アヴィも歌舞伎役者(あだ名)も悪気があってやってなくてあの時間のお決まりの水掛っ子なんです。僕がいたら僕だけがターゲットだったのに。

    でも次もわからないようにバシャッと今度は敵討ちにわたしが参りましょう。

  3. 真偽は
    お頭さん、おはようございます!

    いくつも問題がありますが、
    やはりメディアが左寄りというのが、一番の問題でしょうね。
    そして、さまざまな情報操作をして教育までコントロールしようとしている。

    最近はさすがにメディアの言うことを鵜呑みにしない人が増えてきましたが、
    一方で韓国では赤鬼きむよなに本気で怒ってる人も多いと思います。
    目明き千人、盲千人。

    テレビの悪役を本当に悪い人だと思ってるおじさんおばちゃんも世に多い中、
    なかなか真偽を全ての人が見分けるのは難しいですね。

  4. 男の子を持つと
    いっちゃん、おはようございます!

    仰せの通り、性別による性ですね。
    アクアミットのレッスン、男性は実は私たち3人だけで、
    浮きまくっていました。

    インストラクターの先生もあきれ顔。

    神さまがお造りになった自然の摂理にはなかなか勝てないと思った次第です。
    それにしても男の子を持つ母親は大変ですね~。
    今日はひさびさに母とご飯を食べますが、せいぜい親孝行しようかと思います。

  5. 実は
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    いや~、お恥ずかしい。
    わたくし、実はわりとアタマに血が登りやすいタイプで、
    若い頃は瞬間湯沸かし器みたいなヤローでした。

    世の中に揉まれて、なるべく表にそれを出さないようにしてきたのですが、
    まさかアクアミットでアタマに血が登るとは、人間まだまだとしか言いようがありません。

    その点、正ちゃん帽さんは意外にクールですね~。
    次回は敵をとってくださいませ。

  6. 爆笑です。
    マスオさん、なんど読み返したでしょうか。もう爆笑です。いつも冷静なマスオさんをここまでコーフンさせるのですから、僕のアミーゴ達(2名)を誇りに思います。但し、敵はちゃんと取りますからね。

  7. プールで
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    汗顔の至りです。
    いや、まったく。

    カタキはしっかりとってくださいませ。
    あとは正ちゃん帽しかおりません。

    では、またプールで会いましょう。

  8. 拝見しました
    twitterでつぶやいてくれたので、番組を拝見することができました。いいお店ですね。是非行ってみたいと思いました。アルケッチャーノって山形弁だったんですね。面白い発想。番組から奥田さんのお人柄が伝わってきました。画伯の絵も拝見しましたよ。あのお山の絵ですよね。

    画伯もプールで一緒にバチャバチャして欲しかったです(笑)。

  9. アセナのバレンタインパーティー
    naotさん、おはようございます!

    ご覧になっていただいて、ありがとうございます!
    まあ、私の絵はほんの一瞬でしたがね(笑)。

    ちなみにヤマガタ・サンダンデロは
    「山形産なんですよ」の山形弁だそうです。
    私のダジャレみたいだな。

    ところでnaotさん、アセナのバレンタインパーティー、行きますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>