ふしあわせな人もMerry X’mas!


今日はクリスマス・イブ。

日本人がなぜクリスマス?、なんて意見もありますが、私はこの時期がけっこう好き。
仏教の本なんか書いてるけど、その仏教だって一千年間ほどにやってきた外国の教えだし、
八百万、多神教の日本人に一つや二つ、外国の教えが変わったところで、
日本人そのものは変わりません。

第一、クリスマス自体がキリスト教の異教徒のお祭りなんだからね。

どこのお店も書き入れ時で、景気の底上げにも貢献してるんだし、
たいへん完成されたお祭りです。
子供だって楽しみにしてるんだから、よろしいのではないでしょうか。

ただ、世の中に”クリスマスが嫌い”という人も少なくないのはたしかです。
そりゃ、クリスマスは幸福を祝福するお祭りだもん、
自分が幸せじゃないと思ってる人にとっては、けっこうなシャクの種です。

でも、本当はクリスマスというのは、そういう人のためにあるような気もいたします。
寒くてひもじい時に食べる一杯のスープかな。
イギリスの文豪チャールズ・ディッケンズの「オリバー・ツィスト」などを読むと、
まだ貧しかった時代のイギリスの下層階級で、
寒くてひもじい中、パンにソース(たぶんウスター)をかけて
貧しいことこの上ない食事をする場面が出てきますが、なんか妙に腹がすいてきます。

それがクリスマスの場面だったか、記憶が定かでありませんが、
クリスマスの食事って、本来そんな感じなのかなんて、近頃思ったりして・・・。

今晩は特別なものを食べず、家で静かにしてる予定です。

写真は六本木ヒルズに特設された、クリスマス屋台。
ここで飲むホットワインは美味しいです。

ふしあわせな人もMerry X’mas!” への5件のコメント

  1. 御意でーす
    Happy Holidays なんて言う様になってますが、
    キリスト教一枚岩じゃないからね、合衆国も。

    ひとつ言いたいのは、
    ニッポン人の皆様、亡くなると「天国」に行く、
    って最近はよく言うけど、聞くけど、
    他人ん領土(ひとんち、と読む)行っちゃダメっす。
    天国はキリスト教の中でも貧しい人に易しい所です。
    大概のニッポン人は、西方浄土行くか、
    草葉の陰なんかに行くはずですね。
    映画「ゴースト」みたいに、身近に居ます。
    だから畏怖くて悪いこと出来なかったはず。

    この辺適当に弁(わきま)えていないと、
    尖閣問題に抗議出来ません???

  2. ルーツは
    お頭さん、おはようございます!

    「天国」を広辞苑で引いたのですが、
    やはり西洋のものなようですね。

    もっとも西方浄土も、もとはペルシャからやってきたものだそうですから、
    もとは一緒かもしれません。
    まあ、もとはどうだったか言い出すとキリがないか。

    お釈迦さまが天国がある、なんて言うはずはないですから、
    どこかでどっか混ざったものかもしれません。

  3. それが極楽
    お頭さん、おはようございます!

    そうそう、それが地獄じゃ

    ・・・てヤツですね。

    そうそう、それが極楽じゃ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>