プーアール茶のリラックス効果!


昨日は病院との往復でしたが、母の経過はすこぶる順調です。
このまま順調に治療が進めば、1週間か10日で退院の予定。
書道関係やお知り合いの方は心配なさらずけっこうです。

母の心配もそうだけど、けっこう面倒なのが母のスケジュールのキャンセルです。
書道関係のキャンセルや、書道塾のお休みを知らせる連絡は、
洩れも多く、私の知らない人が多かったり、
名簿が携帯やら手帳やらへと分散しており、なかなか面倒です。

加えて父の三回忌(早いものです)の連絡やら予約など、
(こう言っては何だけど、まったく実入りにならない
 でもやらないといけない)事柄が重なって、まったく仕事にならないぞ!
と、やらない言い訳をしたりして。

そんな中、昨日は母のお弟子さんS崎さんより、
けんちん汁とキンピラ、おでんなどの差し入れがありました。
S崎さんの家は、ちょうど拙宅と病院の通り道にあるので、往復する間にゲット。

仕事を終えた家内と病院で合流し、母との雑談。
やることのない母はなかなか帰れとは言いません。

夜の8時半くらいに帰宅すると、どっと変な疲れが出てしまう。
いや~、こんな時の差し入れは有難い!
上品な味付けのけんちん汁が体に染み渡ります。
S崎さん、ごちそうさまでした。

食後には台北は永康街の沁園(しんえん)で購入したプーアール茶。
泌園で試飲した時に説明をされてはじめて気付いたのですが、
プーアール茶というのは10年以上寝かせておくものだから、カフェインがありません。
したがって夜飲んでも寝られないことはなく、
反対に体がリラックスして眠くなってくる作用があるのですね。

そこで私はお酒も飲まないのにプーアール茶で酔っぱらってしまったのか、
そのまま床にころがったまま爆睡。
季節はずれのこの陽気なので、そんなに寒くもありません。
あとで家内に聞いたところ、いびきもかかず
すうすう寝息をたてて気持ちよさそうに寝ていたんだとか。
(やっぱり、いびきはアルコールも原因か?)

写真は本文とまったく関係のない、松屋のデパ地下で買ったお総菜一式。
特に銀座びいどろのシーフードシチューとパエリアは絶品でした。

プーアール茶のリラックス効果!” への2件のコメント

  1. Unknown
    画伯 こんにちは!

    画伯はプーアール茶で生き倒れですか!私はアルコールで生き倒れです。アルコールおそろしや・・

    夫も飲み会の日は酒量が多く、いびきがひどいです。
    で、眠たさのあまり理性を失った私は、必殺、~枕引っこ抜き~などなどの荒わざを・・・。

    けんちん汁、うちもこの秋作りました。豆腐や根菜、蒟蒻、冬の野菜を沢山いれて暖まりますね。今晩も食べたくなりました。

    それにしても画伯、息子の鏡 お母さんお幸せですね

  2. Unknown
    いっちゃん、おはようございます!

    私はお酒を飲んでも飲まなくても、12時を過ぎると眠くなる性質です。眠いのはガマンできないんですね~。

    最近はいびきの具合を毎日チェックしてもらっています。
    医者に行けばいいんでしょうけど、あの睡眠時無呼吸用のあの機具・・・どうも信用できません。
    やりたくないという気持ちはもちろんですけど、どう見ても体のために良くない気がするんですね。あれをするくらいならお酒を止めますわ(なーんて)。

    母はおかげさまでだいぶ元気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>