台湾フェイシャルマッサージ・ツアー


昨日からの続きです。
旅行2日めからはじめた、私たち夫婦のマッサージ大作戦は功を奏し、
母2人にも弟にも満足を与えてくれました。

特に金楽足體養生會館の全身&足つぼマッサージには、みなほぼ大満足。
広くサービスも良く、しかも清潔で従業員の技術も良い。
と思いきや、私の母はなぜか担当者にご不満だったらしく、
終わったあとにしきりと何かを怒っています。

聞いても、はじめは何のことだかわからなかったのですが、
どうやら担当の女性が、何かの理由で母に着替えの服を着せずにマッサージをしたらしいのです。
服を着せろとゼスチャーしても、言葉がわからないのか、頑として向こうは言うことを聞かず、
そこでエアコンの冷気が効いたのか、しきりに「寒かった、寒かった」の連発です。
うーん。母のゴキゲンがイマイチだなあ・・・。

もともと、この日は全身&足つぼマッサージの予定ではなく、
母たちにフェイシャル・マッサージを経験してもらおうと思っていました。
(特に実母は顏エステを強く希望)。
ところがどこもその時間は予約がいっぱいだったため、
代替え案として、全身&足つぼマッサージにしたわけで、
母は行く前もしきりに
「残念ねえ。フェイスマッサージ、行きたかったわあ」の連発でしたからね~。

母の不満をかんがみ、翌日最終日は、
ガイドブックを片手に朝9:30から電話をかけまくりました。
13:30にホテルにリムジンが到着しますから、残された時間はあとわずか。
まるでウルトラマンかシンデレラの状態です。

どこも開いてないか、予約でいっぱいのところ
ようやく7軒目にかけた。美人漾美容世界が、3人ならOKとのこと。
おお! 
3人なら、女性がみな受けられる人数ではありませんか!

というわけで、母2人と家内には顏エステに行ってもらい、
私と弟は、野郎2人で龍山寺周辺を散策。
2時間後もどると、はたして3人の顏はピカピカで、3人とも大満足の表情です。
特に顏エステ初体験の義母は、ことのほかの喜びようでした。

帰国後、家内とは「いつまで持つかね」なんて話してましたが、
早速、昨日義母から電話があり、
「すでにエステの効果が落ちまして、
 また、ほっぺがたるんで元のブルドックに逆戻りですのよ」
とのこと。

うーん。
そこまで行かないのに、わざわざ自分でブルドックなんて言わなくてもいいのになあ。
ともかくも喜んでもらって、持ったのは3日ですな。
まあ、エステ効果とゴキゲンともども、まだよく持った方かな。

それにしても顏エステを受けたあとの3人の顏を見て、
私もちょっと受けてみたかったと思ったしだいです。
ご興味のある方は、台湾にいく際に受けてみては如何でしょう。

写真はその「美人漾美容世界」の店舗。
「美人様」に見えますが、違う字のようです。
ご存知の方はご教示のほどを。

台湾フェイシャルマッサージ・ツアー” への4件のコメント

  1. 重力
    確かに 年齢とともに 重力には逆らえず・・・わかります
    義母さんのブルドック発言ツボです、その乗り好きです。
    ところで、義父さまはお一人数日、満喫されてましたか

  2. ウンともスンとも
    いっちゃん、おはようございます!

    いや~、かくいう私も嫁から義務づけられた
    アゴ体操をサボっておりまして、
    ブルドック街道、まっしぐらだそうです。

    両アゴを引き上げる動作はたしかに効果ありそう。

    ところで義父は、
    義母のエステ効果をウンともスンとも言わなかったので、
    かなりゴキゲンななめにさせたようで・・・。

  3. リフティング
    おはようございます。旅日記、楽しく拝見しております。

    どんなフェイシャルをやったんでしょうね。これはきちんと褒めてあげる人がいないとだめですよ!。嘘でも「おっ!顔が引き締まってるね!」とか・・・(笑)。これでさらに満足度が一週間伸びます。

    Singaporeにあるんですが「リフティング」は効果ありですよ。エステシャンが、電気の通った手袋をして、それで顔を下から上にマッサージしていくんです。多少ピリピリ感はありますが、効果絶大です。私は一度の経験で充分ですが(笑)。なんでも経験ですよね。

    「美人~(なんとか)」と付くと「美人局」みたいでちょっと怖いですね(笑)。台湾では極めて健全だと思いますけどね。

  4. 写真は正直
    naotさん、おはようございます!

    そうですね。
    おっしゃる通り、ほめてあげる人が必要です。
    というより、普通は何か言いますよね。

    義父はその点、絶滅危惧種の明治気質(昭和二ケタだけど)で・・・。

    写真で見ると、目で見る以上に効果があったのにびっくりしました。
    写真は正直ですから、ホントに効果があったということですね。これは嬉しいポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>