個人情報保護法、是か非か?


昨日の「死刑廃止反対の記事」にきたコメントで、返事しきれないところがありました。
今日は少し方向を変えて個人情報保護法の話をします。
ただ、この法律の是非というより、今のこの国の体質についてのお話です。

昨日、プール友の正ちゃん帽さんから聞いたことですが、
私たちが通ってる六本木のジムに、彼のご母堂から電話があり、
正ちゃん帽さんを出してほしいと言いました。

ところがジム側の対応というのが、
「電話には一切取り次げません。
 ジムにいるかいないかもお答えできません」とのこと。
正ちゃん帽さんは「お袋に何かあったら、いったいどうしてくれるんだ」と憤慨していましたが、
私もこれは硬直化しすぎた対応だと思います。

たしかに電話では振り込め詐欺など、悪質な詐欺にからむこともありますが、
もし仮にこれが親の一大事で、電話を取り次がなかったことで、
取り返しのつかないことになったらどうでしょう?
この辺りは、担当者にもよるかもしれないし、マニュアルでそのように決まっているかもしれない。

個人的な感想を言えば、個人情報保護法というのは、
実に世の中の風通しを悪くする感がぬぐえません。
もちろん何かを「守る」という法律は、一方でほかのものをブロックすることを意味しますので、
一概に是非が言えない部分はあると思います。

法律については、私はまったくの素人ですので何ともわからないのですが、
ジム側のこの対応というのは、法的に正しいものなんでしょうか?
そのあたりお答えできる方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひご教示くださいませ。
(個人的には法的に正しいとしても、緊急時の場合に足かせになる法、
 何かの発展を阻害する足かせになる法律は、如何なものかと思うのですが・・・)。

なお、スペインの諺にはこんな言葉があります。
「命令は従う。実行はしない」
これは日本でなかなか出来ませんが、個人的に私はこの言葉をけっこう気に入っています。

画像は拙作「カンピドリオ広場にて」。
カンピドリオ広場はミケランジェロ設計の階段で有名な、
ローマの7つの丘のひとつですが、これは夢で見たカンピドリオ広場。
これも「ユングの部屋」をご参照くださいませ。

個人情報保護法、是か非か?” への6件のコメント

  1. 電話連絡が取れません
    昨日はお疲れ様でした。まったく「個人情報」については困ったものです。ご老体の母に「何かあったらここにいるから電話してね」と言っても現場では取り次いでくれないので、何のためのクラブ会員なのでしょうか。この人達って「逆の立場」でモノを考えたり出来ないのか・・ジムの運営が何よりも優先されるのは大事かもしれませんが、緊急連絡が通じないのは恐ろしい話です。

    つい最近、子供が母親に置き去りされて亡くなっています。これも個人情報による何とかで調査というか助けられなかった(細かくはわかりませんが)と聞きました。

    話題に出していただきありがとうございます。

    ところで作品、いつ見ても建築物の表現はしっかり細かくされていますね。瓦建築やワールドワイドの建築など面白いですね。階段は駒沢公園を思い出します。

  2. さあ、みんなで考えよう
    一方通行な様ですね。
    会員が緊急事態に成った場合は、事前登録した先に知らせてもらえるが、
    登録先の人が緊急事態に成った時は、取り次いでもらえない、と。
    六本木のいずれのジムも、日本全国、世界中?、そうらしい。

    法律とはルールですよね、破ると誰かに不利益が生じるので罰が、まあ、有る。
    今回のケースでは、誰に不利益が生じるのだろうか?
    個人情報保護法を掲げたにも拘らず、会員の存在をバラしてしまうジムなんか、
    信用出来ない、信頼足り得ない、
    というジムにとっての営業上の不利益か?

    でも、一番の不利益を被るのは、会員ですよね、今回のケースは、最悪だったら。

    だとしたら、法律が悪い、ということか???
    小学六年生にも分かる法律にしてくれよ、政治家!

  3. ナーバス過ぎる
    その場合、仮にそこで電話が取次げないとしても、調べてご本人様にその旨伝えるなどして(もし知ってる人であれば折り返し連絡するでしょうし)、最低限の配慮はあっても良いのではないでしょうか?

    「個人情報」と言いながら、要するに何かあった時に企業は責任を取りたくないと言うことではないでしょうか?「リスクマネージメント」ですか?

    確かに企業でも従業員の「住所録」などないし。去年自分のデスクに「内線番号表」を貼っただけで「個人情報だ!」と言って捨てるように言われたし。「え?なにがぁ~?」って感じでしたが。プンプン!

    それにしても113歳の女性はどこへ?安否が心配です。尋ね人も「個人情報」に触れますかね?人探しもできない!きぃ~っ!

  4. 何もかも拡大解釈
    正ちゃん帽さん、おはようございます!

    こちらこそ、話題の提供ありがとうございます。
    以前から個人情報保護法については、この法によって何か得をしたという覚えがありません。
    実際に法律が足かせになって、子供の命が失われたのであるなら、これは問題ですわな。

    今さら法律を廃止するのは難しいでしょうし、オープンにした時に起こる詐欺等の犯罪もおそろしい。
    私は法の良し悪し云々よりも、何もかも拡大解釈して個人情報に当てはめる世の風潮の方が問題なのではないかと思います。

    あ、それから絵のこと褒めていただき、ありがとうございます。何よりいちばん嬉しいですね♪

  5. 大きな問題を
    お頭さん、おはようございます!

    そうなんです。
    会員の居所をバラしてしまうジムなんて、たしかにいりませんが、緊急時に取り次がないジムはもっといりません。

    大切なのは柔軟性ですね。
    担当者によっても違うのかもしれないけど、少なくとも母上から正ちゃん帽さんに電話があったことは、ご本人に伝えるべきでしょう。

    今回は大きな問題にならなかったけど、この法律・・・そのうち大きな問題を起こしそうな気がしますね。

  6. 113歳の女性よ、おまえもか!
    naotさん、おはようございます!

    内線番号を貼っただけで「個人情報!」ですか・・。
    ほとんど魔女狩りの世界ですな、そりゃ。

    くそ真面目に法律を遵守するのもいいですが、何のための法律か考えない頭の固さには困ったものです。
    まあ、だいたいそんなことを言う人は、試験ができて高学歴な人が多いものですが、仕事をさせると(以下略)。

    それにしても113歳の女性よ、おまえもか!
    ですね。いや~、世も末でありますなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>